毒親、神様、メモ


この記事をシェアする

「毒親」という言葉の語源となったスーザン・フォワードの著作『毒になる親』では、毒親は7つのタイプに分類され紹介されています。

そして

彼女が紹介する最初の毒親は「神様のような親」です。

この場合の神様は「ギリシャ神話に登場するオリンポス山に住む神々」をイメージしてください。

人間が何か彼らの気に入らないことをすれば、ただちに罰を下した。彼らは優しい神々である必要はなく、公平であることも正義を守る必要もなかった。実際、彼らは気まぐれで、非合理そのものだった。

出典元:スーザン・フォワード『毒になる親』

このように、スーザン・フォワードは

  • 気まぐれで非合理そのものの神→毒親
  • 罰を下される人→その子ども

という比喩表現でもって「毒親と子」の関係を捉えるのですが、ここで明かになるのは、

①圧倒的な力関係と②理由もわからず罰せられる理不尽さ、そして、これらが理由で子どもは③親を恐怖しているということです。

しかし、この3つの特徴は他のタイプの毒親とその子どもの関係性にも見出せます。

親を怖がっている子供は自信が育たず、依存心が強くなり、「親は自分を保護し必要なものを与えてくれているのだ」と自分を信じ込ませる必要性が増す。残酷な言葉で心を傷つけられたり、体罰を加えられて痛い目にあわされた時、幼い子供は「きっと自分がいけなかったのだろう」と思う以外に自分を納得させる道がない。

出典元:同上

1.

このように、重要なのですが、

「親は絶対であり、子供は常に親の言う通りにしなければならない」というタイプの親を持った子供は、常に親の意のままに翻弄され、ちょうどギリシャ神話に出てくる人間のように、つぎはいったいいつ罰せられるのか見当がつかない。

出典元:同上

神様のような顔をしている「毒になる親」を天井に引きずりおろし、彼らを自分と同じただの人間として現実的に見る勇気を持つことができた時、子供はひとりの人間として、はじめて親と対等な関係を持つための力を持つことができるのである。

出典元:同上

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。