教育熱心過ぎる親は「毒親」なのか


この記事をシェアする

子どもの心が健やかに育つための条件の一つに「外部の人との結びつきがある」というものがあります。

「外部」というと難しく聞こえるかもしれませんが、

大人でも意見や生活習慣が同じ人ばかりと過ごし、違う人たちを排除していると偏った考え方の持ち主になってしまいますよね。

よって「外部の人」との交流は非常に大事なのですが、子どもの場合の外部は基本的に「家庭外の人間」を指します。

特に

子どもにとって「同じくらいの年齢の人」から受け取る影響はすさまじい為、そういった人々との交流は必要不可欠です。

そういった人々(友だちや先輩など)との交流を遮断してしまう親の典型としては以前紹介した「カルトのような親」がいますが、

関連記事

準備中

今回紹介する「教育熱心過ぎる親」にもそのような要素があります。

今回は「教育熱心過ぎる親」を紹介するとともに「教育熱心になる際の注意点」にも言及していきます。

1.

今回話題にするのは「教育熱心過ぎる親に育てられ悲惨な人生を歩んだ男性(X氏)」についてです。

極端な例だしアメリカの話なので、日本の一般的な家庭にも当てはまる要素は多くあるので紹介しましょう。

1-1.X氏の人生

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。