毒親、アルコール依存症の親、メモ


この記事をシェアする

「毒親」という言葉の語源となったスーザン・フォワードの著作『毒になる親』では、毒親は7つのタイプに分類されているようです。

今回はその中から「アルコール依存症の親」を紹介します。

なお、後ほど見るように、

子どもや家族に与える心理的な影響という意味では「(合法・違法問わず)薬物依存症の親」にも似た傾向がみられるようです。

1.

「アルコール依存症の親」は7タイプの毒親の内、もっとも問題点がわかりやすく、もっとも対策もしやすい思われがちです。

親がアルコールを止めればいいわけですから。もっと言うと、

自分がアル中であることを認め、飲酒の原因はすべて自分にあることを認め、更生するための治療を受け、アルコールを断つことである。そして自分が子供に対して、どのような害悪をなしてきたかを認め、親として責任のある、そして愛情のある親になると決心することだ。

出典元:同上

スーザン・フォワードが言うように、問題の親がこのように態度を改めれば子どもや家庭、もちろん自分自身のトラブルは解決します。

しかし、話はそれほど単純ではないようです。

だが残念ながら、現実は理想とはほど遠い。飲酒がやめられないこととその事実の否定、さらにそういう自分について話をすり替えたり事実をねじ曲げたりすることは、しばしば本人が死ぬまで続く

出典元:同上

もちろんアルコール依存症を克服した方もいるし、更生するための治療法も進歩しているのでしょうが、もし自分の

1-1.子どもの心理状況

と言うのも、

1-2.家族

2.アルコール依存症の親は

酔いつぶれて、その場合は義務をp93

他には、神様103も、暴言103も、暴力もの場合が。

3.子どもは

もしあなたがアル中の親の子供だったら、自分の人生を自分の手に取り戻すためのカギは、そのような親を変えなくてもあなたは変わることができるのだと自覚することだ。

出典元:同上

確かに、100のような人も、しかし「変わる」という選択肢もあるということ。

たとえ親はまったく変わらなくとも、あなたは子供時代のトラウマを乗り越え、親によって支配されている人生を克服することができる。あなたに必要なのは、それをやり抜く決意と実行力だけなのだ。

出典元:同上

克服法はいずれ、まずはこのような

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。