EQには5つの使い方がある!


この記事をシェアする

EQ(イコライザー)とは

特定の周波数の音量を増減するエフェクターのこと。

「特定の周波数」とはどういうことかと言うと

画像Aはフェーダーやマスターボリュームで曲全体の音量を上げた場合。

画像BはEQで高域の周波数の音量を上げた場合です。

このように周波数のバランスを変化させることは、かなりインパクトがあることです。

1.五つのEQ

「周波数のバランス」が大事な理由は

音色は主としてその音を構成する各部分音の周波数と音圧とによって規定される

出典元:世界大百科事典 第2版

からです。要するに

ギターやピアノなどの音色が異なるなのは、周波数のバランスが違うからなのです。

図×2

さらに言えば「音圧」によっても周波数のバランスは変わります。よって

音色を規定する大部分は各部分音の周波数ということになります。

その周波数をEQではいじることができるのです。

従って

EQが大活躍する場面は「音作りの段階だ」と言えます。

ここでEQの5つの使い方についてまとめておきましょう。

  1. 積極的に音作りをする。
  2. レコーディング時の調整。
  3. あるパートの音とあるパートの音がぶつかるのを防ぐ
  4. パートごとに前後感をつける(立体的にする)。
  5. マスタリングでの最終補正。

なお、は「ミックスにおけるEQ」です。

それでは①から順に解説していきましょう。

2.EQで音作り

  • あああ
  • あああ

など

3.レコーディング時のEQ

レコーディング時のイコライジングは基本的に控え目にしましょう。

なぜなら

  • せっかくのボーカルの声質や生楽器のニュアンスを失わせてしまう。
  • レコーディング時の音作りは基本的にマイキングでする。

からです。

3-1.ボーカルや生楽器が台無しに

ボーカルや生楽器のサウンドは尊重するべきです。過剰なイコライジングは避けましょう

ですが

不要なノイズをカットするためのEQは必要です。

自宅でマイク録りをする際に日常音(ノイズ)が入ったり、ライン録りの際に低音のノイズが入ったりしてしまった場合、

50hz以下をスパッとカットしましょう。

場合によっては、もう少し上のhzまでカットしなければならないこともありますが、

あまりカットし過ぎると中域に影響を与えてしまい、細くて元気のない音になってしまうので逆に注意が必要です。

特にボーカルの場合は中域から高域の音は、その声を特徴づけるための要素が多く含まれています。

よって、基本的にはレコーディング時でのイコライジングは低域のみにすることを心がけましょう。

3-2.基本的にマイキングで

マイキングとは、文字通りマイクのセッティングを変えることです。

例えば

  • マイクの種類を変える。
  • 距離や角度を変える。
  • 2本以上のマイクを立てて混ぜる。

などです。これらの作業でも音は変わります

マイクの種類を変えるのは選択肢は限られますが、距離や角度の調整はなかなか大変です。

声質を変えてしまうEQに時間をかけるくらいなら、マイキングに多くの時間を割いた方が良いでしょう。

4.EQによるミックス

様々なパートをまとめて1つの楽曲を作ることミックスダウンと言いますが、その際に重要なのは

  • 各パートの音がぶつからないようにする。
  • 立体的なサウンドを作る。

ことです。なんとEQはどちらの用途にも使えます

4-1.音がぶつからないようにする

キックとベース、ギターとピアノなど似た周波数を持った音同士はたがいに干渉し合うため、曲全体が濁ってしまいます

これは基本的に、Panを調整し音を左右にずらすことで対処しますが、それでもダメならEQで邪魔な音域を削ります。

特に

キックとベースの定位は中央からずらせないため、EQでの住み分けが不可欠になります。

目安としては

  • ベースを目立たせたい→100hz~200hzを上げる。
  • キックを目立たせたい→50hz~100hzを上げる。

ことで住み分けをしてください。

4-2.立体的なサウンド

人によっては「前後感を付ける」と表現します。

人間は立体的なサウンドを自然なサウンドと認識し、心地よく感じます

立体感を出すにはコンプレッサーを使う手もありますが、EQで7000hz~9000hz(場合によってはそれ以上)を扱うのも有効です。

  • ボーカルなどを目立たせたい→7000~9000を上げる。
  • 逆に周りの楽器は7000~9000を下げて、ボーカルを引き立てる

このように、全てのパートを聴かせようとするのではなく、主役と引き立て役を作ることで楽曲のクオリティは上がるのです。

5.マスタリングでのEQ

マスタリング(DTMではDAWソフトのステレオアウト)では極力EQは使わないのが鉄則なのですが

マキシマイザーで音圧を上げた後に補正的にイコライジングをする場合もあります。

この手法を知っているのと知らないのとでは楽曲のクオリティが大きく変わってしまうほど重要な事なので、別項で詳しく取り扱いました。

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。