不安型、回避型、恐れ・回避型では治療法が全く違う

123サイコロ

この記事をシェアする

精神科医の岡田尊司氏いわく

愛着の課題を克服するためには、安全基地となる存在の媒介が、通常は不可欠である。

出典元:岡田尊司『愛着障害の克服』

よって、前回は「安全基地」ついて追及していきました。もう一つ印象深い言葉を岡田氏から引用すると、

課題を抱えている人が真剣に向き合おうと思ったときには、せっかくのチャンスを無駄にしないためにも、信頼できる専門家に助力を求めることをお勧めする。費用がかかったとしても、長い目で見ると、もっと大きな損失や危険を避けることにつながる。

出典元:同上

基本的に岡田氏の主張は

安全基地になれるのはカウンセラーくらいだから、手遅れになりたくないなら、金はかかるがカウンセリングを受けた方が良い

というものです。

えっ、胡散臭くない?」と思った方がいたら、その直感は非常に優れています。※詳しくは

しかし問題は「胡散臭い」だけではなく、岡田氏の治療法で本当に様々な「症状」や「生きづらさ」が改善できるかが疑問であるところです。

今回は、本当に岡田氏の治療法で様々な「症状」や「生きづらさ」、岡田氏の言葉でいう「愛着の課題」が改善できるのか検討していきましょう。

※今回の記事も「愛着理論」の知識が前提となるので、

こちらも併せてお読みください。

1.どの段階で治るのか

前提知識を学ぶネコ

岡田氏の文章は情報量は多いのですが論理的ではないので話がわからなくなることが多々あります。例えば

こちらで紹介した「愛着障害の治療過程」は岡田氏の理論のに当たると思うのですが、一体どの段階で愛着障害が治るのかがわかりません。

1-1.相手の感受性を確かめる段階

もしかしたら、岡田氏は

自分のことをもっと見てほしいと思い、相手の関心が十分に自分に向けられていないことに腹を立てる。そのくせ、自分の方から素直に甘えなくなり、つっけんどんな態度をとって、相手に不快な思いを味わわせようとしたりする。

出典元:岡田尊司『愛着障害』

このような【相手の感受性を確かめる段階】で愛着障害が改善すると主張しているのかもしれません。

※「感受性」については

しかしその場合、岡田氏の治療理論は正しくありません

なぜなら

この段階は「不安型」の人が相手への依存度を高める段階に酷似しているからです。

実際、安全基地は「不安型」の人を自分に依存させて、不安型の愛着スタイルや愛着障害を悪化させる可能性があるのです。

また、「安全基地」との信頼関係が出来たからと言って他人も信頼できるようになるわけではありません

1-2.親への不満をぶちまける段階

もしかしたら、岡田氏は

この段階では、傷つけられた怒りや悲しみを、恨みつらみを込めて叩きつけるように語り続ける。それは、傷が深ければ深いほど、傷を与えられた期間が長ければ長いほど、長期間続く事になる。

出典元:同上

このような【親への不満をぶちまける段階】で愛着障害が改善すると主張しているのかもしれません。

しかしその場合、岡田氏の治療理論は正しくありません

なぜなら

この方法は典型的な暴露療法だからです。

暴露療法の効果は現代の脳科学では否定されています。むしろ、症状を悪化させると言われています。

さらに言えば

  1. 親のせいで愛着障害になる→「不幸」や「生きづらさ」を抱える。のではなく
  2. 「不幸」や「生きづらさ」を抱えている→カウンセラーの話を聞いている内に親の悪い部分ばかり思い出す
  3. その結果、自分は愛着障害だと思うようになる

ということもありえます。

1-3.治療効果はほぼない

要するに、

相手の感受性を確かめる段階】で愛着障害が改善するとしても、その後の【親への不満をぶちまける段階】への移行が必要だとしても

その治療効果はほとんど認められないということです。

つまり

岡田氏が主張する「安全基地による治療法」では、多くの場合不安定な愛着スタイル、特に「不安型」は治りません

2.回避型の治療法は独特

ぼんやりした男性

回避型」は事情が全く違います。

共感的なカウンセリングよりも、認知行動療法実践的なトレーニングの方が、何かしてもらったという手ごたえを感じやすい。

出典元:岡田尊司『愛着障害の克服』

つまり「安全基地による治療法」はあまり効果がないと岡田氏も認めているようです。

2-1.特殊なの認知行動療法

回避型の人に対しては「認知行動療法」が良いとのことですが、一方で岡田氏は

愛着の安定化が十分でない段階で、認知を修正しようとすると、逆効果になることが多い

出典元:同上

というふうに、特殊なの認知行動療法を提唱しています。

関連記事

準備中

2-2.実践的なトレーニング

「実践的なトレーニング」も有効なようですが、詳しくは

関連記事

準備中

こちらをご覧ください。

3.不安型、回避型、恐れ・回避型ごとの注意点

123サイコロ

岡田氏尊司氏が満を持して上梓した『愛着障害の克服』はさらに

「不安型」「回避型」「恐れ・回避型」ごとに治療者(安全基地)が注意する点が追加されたようですが、

やはり

特徴の分析の時と同様に「回避型」の治療理論はあまり固まっていないような気がします。

詳しくは

そもそも、岡田氏が分析する「回避型」の特徴は複雑で「自分は回避型かも」と思っている方も

こちらを読めば「やっぱり自分は回避型ではない」と考え直すのではないでしょうか。

※「不安型」「恐れ・回避型」の治療・克服法および、そのリスクについては

4.その他の治療法

もう一度引用すると

愛着の課題を克服するためには、安全基地となる存在の媒介が、通常は不可欠である。

出典元:同上

とのことですが、岡田氏は他にも認知行動療法対人関係療法マインドフルネスについても言及しているようです。

これらの治療法の効果は科学的にも実証されているので、何らかの「生きづらさ」を抱えた人にはお勧めです。

よって、これらの治療法に関する記事をこれからどんどん増やしていこうと思うのですが、

おススメ

準備中

岡田氏はもう一つMBT(メンタリゼーションに基づく治療法)という最新の脳科学で効果が否定された治療法

「これこそが愛着障害を治療するのに最適な方法だ」というニュアンスで紹介しています。

これに関しては批判的な記事を書こうと思います。

おススメ

準備中

以上です。ありがとうございました。

※「愛着障害」に関する全記事はこちら

愛着障害【全知識】
この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。