回避型 愛着障害の克服 | 愛着障害と「思わせる」医者に注意

克服した男性

この記事をシェアする

※今回の記事は「回避型」の方、および「回避型」に伴って愛着障害を発症した方に対しての内容になっています。

(以下、両方合わせた場合は「回避型」愛着障害と表記します。)

「回避型」の特徴については

愛着障害の症状については

これらの記事をご覧ください。

さて、精神科医の岡田尊司氏によると

愛着の課題を克服するためには、安全基地となる存在の媒介が、通常は不可欠である。

出典元:岡田尊司『愛着障害の克服』

このようなフレーズは愛着障害についてある程度知識のある方なら何度も聞いたことがある思います。

しかし

実際に「安全基地」が「回避型」愛着障害を克服させるプロセスについて紹介している記事はあまりないでしょう。

そこで今回はそのプロセスについて紹介していきます。

※「安全基地」については

また、「安全基地」がいない方が愛着障害を克服するにはどうすれば良いのかについても触れていこうと思います。

※今回の記事も「愛着理論」の知識が前提となるので、

こちらも併せてお読みください。

1.克服に関する前知識

前提知識を学ぶネコ

いきなりですが、

共感的なカウンセリングよりも、認知行動療法実践的なトレーニングの方が、何かしてもらったという手ごたえを感じやすい。

出典元:岡田尊司『愛着障害の克服』

「共感的なカウンセリング」=安全基地による「回避型」愛着障害の克服にはあまり期待できないらしいです。

ただし

あるテクニックを的確に使えば、安全基地も上手く機能する場合もあるようです。以下そのテクニックをまとめていきます。

※「認知行動療法」や「実践的なトレーニング」については後ほど触れていきます。

2.「回避型」愛着障害の克服【概要】

克服した男性

もう一度引用すると

愛着の課題を克服するためには、安全基地となる存在の媒介が、通常は不可欠である。

出典元:同上

安全基地を媒介とした克服方法」の概要については

に書いたのですが、

安全基地が「回避型」愛着障害を克服させるためには、「回避型」愛着障害の人と信頼関係を築かなければなりません。

2-1.応答性は使える

しかし、前述したように「回避型」愛着障害の人はあまり安全基地を必要としない傾向があります。

ですが、安全基地の【応答性】の機能を上手く使えば克服につながるかもしれません。

2-2.関心の共有

「回避型」の特徴として情緒的な関係よりも利害関係共通の関心を持つ者を好む傾向があります。

回避型の人の心を開こうとするならば、相手が関心をもっていることについて、こちらも関心をもち、それについて「同好の士」として語り合う関係になることがお勧めである。

出典元:同上

こうして信頼関係を築いていくわけです。信頼関係が出来たら次の【自らの体験を語り始める段階】に入ります。

2-3.自らの体験を語り始める

いよいよ大詰めです。岡田尊司氏いわく

回避型の人は、自分の気持ちや本音をなかなか言わない。自分の過去の体験や思い出についても語りたがらないことが多い。自己開示することを避けようとする。

出典元:同上

のですが、「自分の過去の体験」とは何かというと親(特に母親)に甘えられなかった体験のことです。

回避型の人は、甘えてこなかった人である。甘えられる境遇になかったため、「甘える」という回路が未発達なのである。

出典元:同上

また、「自分の過去の体験を語りたがらない」のには理由があります。

本人の自覚としては「あまり覚えていない」というだけで、嫌な目にあったなどという認識はない。思い出そうとしても、断片的な記憶をぽつりぽつりとしか語れないことも多い。

出典元:同上

このように「甘えられなかった過去」を覚えていないことが多いのでそれを思い出させるというのが安全基地の役割です。

というわけで安全基地が「回避型」愛着障害を克服させるプロセスについてまとめました。

次はこれに対する批判をしようと思います。

3.安全基地による克服法への批判

安全ヘルメット

3-1.どの段階で克服できるのかがわからない

まずどの段階で「回避型」愛着障害は改善・克服されるのかがわかりません。

3-1-1.安全基地と信頼関係ができた段階

この段階で克服されるとしたら、

安全基地が信頼できる→他の人も信頼できる」というメカニズムが必要です。いわゆる「内的作業モデル」のことですね。

しかし「内的作業モデル」が本当に存在するかは非常に怪しいのです。

3-1-2.甘えられなかった過去を語る段階

語る作業をしているうちに、次第に記憶がよみがえってきて、自分がこれまで封印してきたものに向かい合い始める。そうなると、これまで忘れていた、その時々の感情や気持ちもよみがえり始める。ずっと抑えてきた悲しみや寂しさや傷ついた思いがありありとよみがえってきて、思いがけず涙がこぼれてしまうこともある。

出典元:同上

これは典型的な「暴露療法」なのですが、

暴露療法の効果は現代の脳科学では否定されています。むしろ、症状を悪化させると言われています。

3-2.現実の記憶

さらに言えば「次第に記憶がよみがえってきて」とありますがこれは現実に起こった事の記憶とは限りません

精神分析で言う「心的リアリティ」かも知れません。

要するに、

  1. 親のせいで愛着障害になる→「不幸」や「生きづらさ」を抱える。のではなく
  2. 「不幸」や「生きづらさ」を抱えている→カウンセラーの話を聞いている内に親の悪い部分ばかり思い出す
  3. その結果、自分は愛着障害だと思うようになる

ということもありえます。

しかも、岡田氏は「愛着障害者は被害妄想の強い嘘つきが多い」という主張もしています。

3-3.毒親被害者は?

このように書くと「毒親からの虐待を覚えている方」は気を悪くするかもしれませんが、

そもそも

愛着理論は毒親被害者のことを考慮しているとは到底思えない代物なのです。

※この場合の「愛着理論」は岡田尊司氏が拡大解釈させたものです。

4.その他の克服法

というわけで、安全基地による「回避型」愛着障害の克服法についてまとめました。

全てを書くと膨大な量になるので関連記事も多めにしたのですが、

逆に言えばそれだけ批判が多いということでもあります。

しかし、岡田氏は「認知行動療法」や「実践的なトレーニング」も克服には有効だとしています。

これいついても注意点が多くあるので、

おススメ

愛着をベースにした認知行動療法

おススメ

実践的なトレーニング

これらをご覧ください。

以上です。ありがとうございました。

※「愛着障害」に関する全記事はこちら

愛着障害【全知識】
この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。