回避型 愛着障害の克服 | 愛着障害と「思わせる」医者に注意

克服した男性

この記事をシェアする

今回の記事は「回避型」の方、および「回避型」に伴って愛着障害を発症した方に対しての内容になっています。

(以下、両方合わせた場合は「回避型」愛着障害と表記します。)

「回避型」の特徴については

愛着障害の症状については

さて、精神科医の岡田尊司氏によると

愛着の課題を克服するためには、安全基地となる存在の媒介が、通常は不可欠である。

出典元:岡田尊司『愛着障害の克服』

とのことですが、実は「安全基地」が愛着障害を克服する過程

こちらに書きました。さらに「安全基地」になるための条件

こちらに書きました。今回はこれらの記事の応用にあたります。

※当サイトでは岡田尊司氏の著作を主に参考にしていますが、岡田氏が拡大解釈した愛着理論への批判もしています。

  • 愛着障害の正しい診断基準や症状・特徴
  • 治療方法やその副作用、カウンセリングを受ける際の注意点
  • 生きづらさの正体
  • 毒親との関係

などの知識に興味がある方は

愛着障害【全知識】

こちらをご覧ください。

※また、今回の記事は

こちらの「おススメ」を読んでいただいている前提で話を進めます。

1.克服に関する前知識

前提知識を学ぶネコ

突然ですが、

共感的なカウンセリングよりも、認知行動療法実践的なトレーニングの方が、何かしてもらったという手ごたえを感じやすい。

出典元:同上

「共感的なカウンセリング」=安全基地による「回避型」愛着障害の克服にはあまり期待できないらしいです。

だったら、今まで数年にわたって岡田氏が押してきた「安全基地万能論」は何だったんだと思いますが、

「回避型」愛着障害に対しても安全基地が役に立つ場合もあるようです。

※「認知行動療法」や「実践的なトレーニング」については後ほど触れていきます。

2.「回避型」愛着障害の克服【概要】

克服した男性

というわけで、これから書くことも一応参考にしてください。

2-1.信頼関係を築こう

まずは信頼関係を築かなければ相手の「安全基地」にはなれません。

「回避型」愛着障害の人が相手の場合はこの作業こそが難しいのですが、2つのコツがあるようです。

2-1-1.応答性を高める

安全基地の機能の内、最も「回避型」愛着障害と相性が良いのは【応答性】です。

2-1-2.関心の共有

「回避型」の特徴として情緒的な関係よりも利害関係共通の関心を持つ者を好む傾向があります。

回避型の人の心を開こうとするならば、相手が関心をもっていることについて、こちらも関心をもち、それについて「同好の士」として語り合う関係になることがお勧めである。

出典元:同上

2-2.自らの体験を語り始める

信頼関係が築けたら【治療・克服法】4つのプロセスで愛着障害は治るで解説した【否定的なことばかりが語られる段階】に移ります。

あとは治療・克服法の流れに沿ってコミュニケーションを続けていきましょう。

3.安全基地による克服法への批判

安全ヘルメット

以上が「回避型」愛着障害の克服法なのですが、いくつか注意点があるのでそれをまとめます。

3-1.暴露療法は危険

元も子もないことを言いますが、安全基地による克服法自体があまり効果がありません。逆効果になる場合もあります

と言っても

有害なのは、【治療・克服法】で解説した岡田尊司氏が提示する克服法です。

岡田氏の主張は専門家からの批判も多く、克服法も致命的な欠点を抱えています。

この方法は脳科学で否定された「暴露療法」の一種なのです。

また、「安全基地」自体は素晴らしい概念なのですが、少なくとも岡田氏が定義する安全基地は欠陥が多いと言えるでしょう

3-2.「回避型」は記憶がない?

岡田氏によると

愛着障害は親(特に母親)から傷つけられた悲しみを「安全基地」にぶつけることによって治る

のですが、ここで大きな問題があります。「回避型」の人は親から傷つけられたことを覚えていないケースが多いらしいのです。

本人の自覚としては「あまり覚えていない」というだけで、嫌な目にあったなどという認識はない。思い出そうとしても、断片的な記憶をぽつりぽつりとしか語れないことも多い。

出典元:同上

3-3.カウンセリングと虚偽記憶

しかし、「語る作業」をしている内に親から傷つけられた記憶が蘇ってくるらしいです。

語る作業をしているうちに、次第に記憶がよみがえってきて、自分がこれまで封印してきたものに向かい合い始める。そうなると、これまで忘れていた、その時々の感情や気持ちもよみがえり始める。

出典元:同上

「次第に記憶がよみがえってきて」とありますが、多くの人は「その蘇った記憶は現実に起こった事の記憶なの?」と疑問を抱くと思います。

実際、心理学の世界では「虚偽記憶」や「心的リアリティ」といった存在が知られています。

要するに、

  1. 親のせいで愛着障害になる→「不幸」や「生きづらさ」を抱える。のではなく
  2. 「不幸」や「生きづらさ」を抱えている→カウンセリングを受ける→カウンセラーの話を聞いている内に親の悪い部分ばかり思い出す
  3. その結果、自分は愛着障害だと思うようになる

ということもあり得るのです。

しかも、岡田氏は「愛着障害者は被害妄想の強い嘘つきが多い」という主張もしていることは見逃せないでしょう。

愛着障害(特に「回避型」愛着障害)の人はカウンセリングによって「親から傷つけられた」という被害妄想を抱かせやすい

と主張しているようにも解釈できます。

3-4.毒親被害者は?

以上のように書くと「毒親からの虐待を覚えている方」は戸惑うかもしれません。

しかし記憶がないのではなく、親からの虐待を覚えている方は「回避型」ではなく、「恐れ・回避型」かもしれません。

4.その他の克服法

というわけで、安全基地による「回避型」愛着障害の克服法についてまとめました。

全てを書くと膨大な量になるので関連記事も多めにしたのですが、

逆に言えばそれだけ批判が多いということでもあります。

しかし、岡田氏は「認知行動療法」や「実践的なトレーニング」も克服には有効だとしています。

これいついても注意点が多くあるので、

おススメ

愛着をベースにした認知行動療法

おススメ

実践的なトレーニング

これらをご覧ください。

以上です。ありがとうございました。

※「愛着障害」に関する全記事はこちら

愛着障害【全知識】
この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。