不安型 愛着スタイルの正体は〇〇だった?よって改善法はコレ

不安そうな女性

この記事をシェアする

「愛着障害」ではなく「不安型 愛着スタイル」と検索する方は、ある程度愛着理論のことを知っている方だと思います。そのような方は

不安型の愛着スタイル=「他人と依存関係になりやすい」というふうにザックリと理解しているのではないでしょうか。

※「不安型」も「愛着スタイル」もよく知らないという方は

確かに、そのような傾向があると言われていますが、

なぜ依存的な傾向をもつのか、その成り立ち方について知らなければ、その改善も望めません

今回はそれらの点を掘り下げていきます。

※当サイトでは岡田尊司氏の著作を主に参考にしていますが、岡田氏が拡大解釈した愛着理論への批判もしています。

  • 愛着障害の正しい診断基準や症状・特徴
  • 治療方法やその副作用、カウンセリングを受ける際の注意点
  • 生きづらさの正体
  • 毒親との関係

などの知識に興味がある方は

愛着障害【全知識】

こちらをご覧ください。

1.不安型の愛着スタイルの特徴

まずは「不安型の愛着スタイル」の人の特徴をいくつか挙げましょう。

  • 依存関係になりやすい。
  • 常に相手の顔色をうかがってしまう。
  • 「見捨てられるのではないのか」「嫌われてるのではないのか」と疑心暗鬼になりやすい。
  • 相手の表情をよく観察してはいるものの、怒りの表情だと勘違いしてしまいがちである。
  • 相手の反応が悪いと不安になる。
  • 過剰な気遣いをするが、その分多くの見返りを求めてしまう。
  • 親密になった相手を束縛しようとたり、悪い場合は行動を監視したりする。

一言で言えば「他人の行動や評価に依存しやすい傾向がある」ということです。

この傾向は恋愛関係において顕著に現れます。

「不安型の愛着スタイル」の人は恋愛相手のDV被害に合っても、依存関係をやめることは難しいと言わるほどです。

また、性的な関係にもなりやすく、場合によっては性的な搾取に合うこともあります。

関連記事

恋愛

2.不安型の愛着スタイルになる理由

不安そうな女性

次は「不安型の愛着スタイル」になるメカニズムを説明します。わかりやすいのは水島広子氏の記述です。

自分が求めたときに「母親的役割」の人が、温かく助けてくれることもあれば、冷たく突き放されることもある、という不安定な環境で育った人。

出典元:水島広子『「毒親」の正体』

要するに、愛着理論の主張は

親が温かく助けてくれることもあれば、冷たく突き放されることもあった。

だから

友人や恋人が離れてしまわないように過剰に気を使うようになる。

というものです。

注意

「不安型」になるかどうかは2歳までにほぼ決まります。

3.愛着スタイルに対する反論

一見もっともらしいですが、

本当に、恋人に依存する人は「この人も親のように離れてしまうのではないのか」などと考えて行動しているのでしょうか。

そんなわけありませんよね。

恋愛相手に依存するということはそれだけ恋愛相手のことを考えているわけでいちいち親のことなど考えません

しかし精神科医に「あなたは無意識のうちに親のことを考えているのだ」と言われると、

なんとなく「そうかもしれない」と思ってしまいますよね。

この「無意識」というのは厄介な概念で多くの人が騙されがちなのですが、「霊感商法」における悪霊くらい胡散臭いものだと思ってください。

要は

  • 恋愛相手に依存するのは無意識のうちに親のことを考えているからだ!
  • 恋愛相手に依存するのは悪霊に憑りつかれているからだ!

これらは同じくらい胡散臭い言葉だということです。

4.不安型の愛着スタイルの正体

ヒヨコ探偵

この「うさん臭さ」を掘り下げていきましょう。

4-1.本当は性格?

「不安型」も含めた不安定な愛着スタイルになる原因「親の愛情が不足したまま2歳まで育つこと」でした。

※詳しくは

しかし、今回紹介した「不安型の愛着スタイル」の特徴が当てはまっていた人は、実は「不安型の愛着スタイル」ではなく

単に「臆病で寂しがり屋な性格」の人かもしれません。

「性格」は友だちや先輩や先生たち、ネットやテレビなどの情報媒体、そして生まれ持った傾向(遺伝子)などの様々な要因によって決まります。

要は、親の影響だけではなく様々な要因によって、他人の行動や評価に依存しやすくなってしまったということです。

※性格という言い方が嫌なら「考え方の傾向」と言い換えてもいいでしょう。

また、「他人の表情に敏感」というのも大きな特徴なのですが、これは「HSP」が関係しているのかもしれません。

おススメ

HSP、準備中

4-2.改善しやすいのは「性格」の方

「不安型の愛着スタイルではなく性格(や考え方の傾向)かもしれない」ということを強調した理由はそちらの方が改善しやすいからです。

  • 「性格」ならば様々な人々との触れ合いの中で改善していけば良いし、
  • 「考え方の傾向」ならば認知行動療法などで修正できます。

ところが「不安型の愛着スタイル」の場合、安全基地による治療が基本になるので改善のハードルがかなり上がるし、逆に

不安型特有の生きづらさが悪化してしまう可能性もあるので注意も必要です。

おススメ

準備中

認知行動療法については

おススメ

準備中

4-3.ミラーニューロンも関係

「臆病さ」や「怖がり」はミラーニューロンも関係しています。

例えば、幼い子と母親がいる部屋に突然見たこともない犬が入ってくるとします。この時、

お母さんが怖がると、それがすぐにその子に伝わって、いずれ泣き出すでしょう。けれども、お母さんが悠然として笑っていたら、安心して犬に触れるでしょう。

出典元:クラウス・ベルンハルト『敏感過ぎるあなたへ』

このような出来事を繰り返すと、子どもは「ミラーニューロン」と呼ばれる細胞の働きによって臆病になってしまうそうです。

おススメ

ミラーニューロンとは

4-4.本当は未解決型?

「不安型」が身に付くプロセスは憶測に近く、自分に当てはまるかどうかも不明瞭でした。

しかし

よく似たものに「未解決型」という愛着スタイルがあり、こちらの方が自己診断しやすいです。

「不安型」と思っていた人が実は「未解決型」だったということもあるので、是非こちらもチェックしてみてください。

5.不安型の愛着スタイルを克服する

「不安型の愛着スタイル」の克服法は、先述したように「安全基地の助けを借りること」が基本になります。

もちろん、この方法で克服できるのならばそれで良いのですが問題点が多いのでその点を把握して欲しいのと、

今回紹介したように、

自分は「不安型の愛着スタイル」ではなくて、実は「臆病で寂しがりな性格」あるいは「未解決型」ではないのか?

ということも疑ってください。

以上です。ありがとうございました。

※「愛着障害」に関する全記事はこちら

愛着障害【全知識】
この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。