愛着障害の「唯一」の治療法を公開!コツは〇〇すること

ビックリマーク

この記事をシェアする

今回も「愛着障害の治療」についての記事、しかも唯一の治療法についてなのですが、その治療法とは

前回(愛着障害の治療法 | 4つのプロセスで愛着障害は治る)紹介した「安全基地による治療法」です。

この治療法の詳細については前回の記事を読んでいただくとして、今回強調したいのは

愛着障害の治療法は「安全基地による治療法」だけしかない

ということです。

※「不安型」「回避型」「恐れ・回避型」で治療の細部はかなり異なりますが、

大まかな流れとしては前回紹介したものとなります。

※また、今回の記事も「愛着理論」の知識が前提となるので、

こちらも併せてお読みください。

1.超拡大解釈した愛着理論による治療法

治療箱

「愛着障害の治療法は『安全基地による治療法』」だけしかない」というのは厳密ではないと思われるかもしれません。

愛着の課題を克服するためには、安全基地となる存在の媒介が、通常は不可欠である。

出典元:岡田尊司『愛着障害の克服』

「通常は」ということなので他にも治療法はあるということです。

例えば、精神科医の岡田尊司氏は「対人関係療法」や「認知行動療法」を持ち出します。

しかし

これらの治療法は科学的にも効果を認められた治療法であるものの、愛着障害の治療法というわけではありません

そもそも世間で愛着障害と思われているもののほとんどが、

岡田尊司氏が愛着理論を超拡大解釈して作った「広い意味での愛着障害」という概念であることをご存知でしょうか。

岡田氏が勝手に愛着理論を拡大解釈をしたのなら、責任を持ってその理論に基づいた治療法を示さなければなりません。

その治療法が「安全基地による治療法」というわけです。

※岡田氏の過去の言動態度は多くの精神科医から批判されています。

2.カウンセリングがしようがない?

医者と患者

これから扱うのは、先述した「広い意味での愛着障害」です。

2-1.愛着障害とは

2歳までに親(特に母親)や養育者との間に強い心の絆が出来なかったことが原因で様々な症状や支障が生じている状態のこと。

「親(特に母親)のせいで生じる障害」と捉えてください。

また

「強い心の絆が出来なかった」理由は親(特に母親)の愛情が不足していたからです。

様々な症状や支障については

2-2.影響は一生涯続く

ここで岡田尊司氏が「広い意味での愛着障害の一種」として挙げたものを引用します。

うつや不安障害、アルコールや薬物、ギャンブルなどの依存症、境界性パーソナリティ障害や過食症といった現代社会を特徴づける精神的なトラブルの多くにおいて、その要因やリスク・ファクターになっているばかりか、離婚や家庭の崩壊、虐待やネグレクト、結婚や子どもをもつことの回避、社会に出ることへの拒否、非行や犯罪といったさまざまな問題の背景

出典元:岡田尊司『愛着障害』

なぜ、人に気ばかりつかってしまうのか。なぜ自分をさらけ出すことに臆病になってしまうのか。なぜ、人と交わることを心から楽しめないのか。なぜ、本心を抑えてでも相手に合わせてしまうのか。なぜ、いつも醒めていて何事にも本気になれないのか。なぜ、拒否されたり傷つくことに敏感になってしまうのか。なぜ、損だとわかっていて意地を張ってしまうのか

出典元:同上

以上は著作『愛着障害』での描写なのですが、続編の『回避性愛着障害』では

母親は、子どもの対人関係だけではなく、ストレス耐性や不安の感じ方、パートナーとの関係や子育て、健康や寿命に至るまで、生存に関わる影響を、それこそ生涯にわたって及ぼす。

出典元:岡田尊司『回避性愛着障害』

このように言っています。この発言は非常にわかりやすいですね。つまり、

2歳までに母親の愛情が足りていなかったら一生涯、対人関係やストレス耐性や健康面で苦しめられるということです。

もちろん、この発言は間違っています。間違っている理由は

こちらに書いたので読んでいただきたいのですが、

そもそも

2歳までの体験による影響が生涯続くならカウンセリングしようがないですよね。

これはカウンセリングで商売をする精神科医にとっては墓穴を掘る発言だと言えます。

3.カウンセリングのためのつじつま合わせ

岡田氏もマズいと思ったのでしょう、岡田氏は

両親以外にも、祖父母や兄弟、身近で親しんでいた遊び友達や親戚、教師との関係も関わってくる。周囲の友人や大人から守られて育った子どもと、いじめや否定的な扱いを受けて育った子どもとでは、愛着スタイルが異なってくるのは当然のことだ。

出典元:岡田尊司『愛着障害』

と、急に「両親以外」の人からの影響で、子どもが「広い意味での愛着障害」になってしまう事態の話をしだします。

逆に言えば

両親以外の人からも子どもは影響を受けるのでカウンセリングの余地があるということでもあります。

愛着スタイルについては

と言っても、先述したように続編の『回避性愛着障害』では「2歳までの体験による影響が生涯続く」と主張しているので、

論理的にめちゃくちゃだと思うのですが…。

4.治療法が「たった1つ」ならば…

ビックリマーク

ここで冒頭でも触れた「治療法は『安全基地による治療法』だけしかない」ことについて考えていきましょう。

そもそもこの治療法はどの段階で愛着障害が治るかすらよくわからないくらいずさんなものなのですが、

ポイントは

親(特に母親)から酷い扱いを受けたことに対する怒りや悲しみを安全基地にぶつけることによってスッキリする

ということです。しかし変ですよね

  • 岡田尊司氏は「親以外からの影響」による愛着障害の存在を認めていたはずです。
  • にもかかわらず、愛着障害の治療法は「親から受けた影響」を解消する方法以外にはありません

ということは、

治療をする為には、様々なトラブルは「親のせいだ」と思い込ませることが必要なのです。

そう思い込んだら、当然親に対する不満が生じますよね。

その不満を「治療」と称して解消するのが「安全基地による治療法」だ

という解釈もできます。

現に精神科医は「自分は愛着障害だ」と思い込ませることができるのです。

※もちろん、親からの被害を明確に覚えている人もいるでしょう。そのような方は

こちらをご覧ください。

以上です。ありがとうございました。

※「愛着障害」に関する全記事はこちら

愛着障害【全知識】
この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。