「安定型」の一般人の方が悪徳カウンセラーよりもマシ?

ヒヨコ先生

この記事をシェアする

精神科医の水島広子氏によると

はっきり言いますが、無神経な治療者と接するくらいなら、「安定型」の愛着スタイルを持った一般の人と接することの方がずっとプラスになります。

出典元:水島広子『「毒親」の正体』

愛着スタイルは「不安型」や「回避型」などの不安定系のものが有名なのですが「安定型」もあります。

今回はこの「安定型」の愛着スタイルについて解説していくのですが、「安全基地」と混同してしまう人も多いでしょう。

よって、まずは両者の違いから解説していきましょう。

※当サイトでは岡田尊司氏の著作を主に参考にしていますが、岡田氏が拡大解釈した愛着理論への批判もしています。

  • 愛着障害の正しい診断基準や症状・特徴
  • 治療方法やその副作用、カウンセリングを受ける際の注意点
  • 生きづらさの正体
  • 毒親との関係

などの知識に興味がある方は

愛着障害【全知識】

こちらをご覧ください。

※また、今回の記事は

こちらの「おススメ」を読んでいただいている前提で話を進めます。

1.「安定型」と「安全基地」

安全ヘルメット

「安定型」と「安全基地」が似ている点としては、どちらも

  • 愛着の問題(愛着障害や「不安型」)の改善を助ける存在である。
  • 最適なのはパートナー恋人とされている、

「安全基地」は愛着障害の治療にも通常は不可欠と言われるほど超重要な概念です。

ですが「治療」と言うだけあって、なるのは難しく岡田尊司氏からは

「パートナーや恋人には難しいから、金はかかるかもしれないがカウンセラーを安全基地にしろ」などと言われる始末です。

このように、結構商売臭さがあります。

一方の「安定型」は治療ではなく「接する」というニュアンスなので、「安全基地」を探すよりもハードルは低いかもしれません。

逆に言えば

愛着障害が軽度の場合は有効なのかもしれません。

2.「安定型」について

ヒヨコ先生

「安定型」を知りたければ「愛着」を知らなければなりません。

2-1.愛着(愛着関係)とは

子どもと親(特に母親)との間に生まれる特別な絆のこと。

充実した愛着とともに成長した子どもは「自分が困ったときは親が愛情をもって助けてくれた」という経験をたくさんしています。

そのような子どもは「安定型の愛着スタイル(安定型)」を身につけます。

2-2.安定型の愛着スタイルの特徴

  • 自己肯定感があり他人を信頼している。
  • 自分が困ったときに他人に助けを求めることができる。
  • 他人が不機嫌な時は「何かそれなりの事情があるんだな」と客観的に捉えることができる。

自己肯定感がないと「自分には価値がない」と思うため他人が助けてくれるとは思いません。

また、この場合の「客観的に捉える」とは、

自分に落ち度があったのか」と思ったり、「嫌われるかもしれない」と恐れたりすることはないということです。

これらの特徴により「安定型」の人は対人関係恋愛関係をスムーズに健康的に続けていくことができます。

なおかつ、他人が抱えた愛着の問題の改善の手助けをすることもできます。

2-3.「安定型」の人と接する

水島氏によると、「安定型」の人は

「あなたのせい」と言わずに、「今日は機嫌が悪くてごめんね」と自分の問題として伝えてくれる

出典元:同上

できること、できないことを明確にしてくれる人。前はできたのに今回はできない、というような不規則性がない人。もしも今回できない場合には、その理由を誠実に説明してくれる

出典元:同上

このような特徴を持っているため、精神的に敏感な方は「安心感」を得ることができ精神的に安定していくとのことです。

3.「安定型」を過信してはいけない

×ヒヨコ

というわけで「安定型」の特徴を肯定的に捉えてきたのですが、次はあまり過信してはいけない理由について述べていきます。

発達障害という考え方が行き過ぎると、平均的な、いわゆる定型発達が、本来期待される健常な発達であり、そうでない発達の仕方は、発達に問題が生じた〝障害〟であるという見方になってしまいかねない。

出典元:岡田尊司『発達障害と呼ばないで』

このようには精神科医の岡田尊司氏は「発達障害」を巡る言論状況に対して苦言を呈しているのですが、

これは「愛着障害」に対しても言えることです。

実は

愛着理論には、「安定型」が健常者だということを引き立てるために「不安定型」を異常者だとみなし過ぎる傾向があります。

岡田氏の「回避型」に対する描写などはその典型例でしょう。

その他にも注意点があります。

3-1.見方を変えると…

岡田氏は「安定型」を

人の反応を肯定的に捉え、自分を否定しているとか、蔑んでいるなどと誤解することがない。そもそも人がどういう反応をするかということに、あまり左右されることがない

出典元:岡田尊司『愛着障害』

このように描写するのですが、

「人がどういう反応をするかに左右されることがない」のは「空気が読めないから」かもしれません。「自己中心的な人物」とも取れます。

「自分を否定されているとは思わない」のは自分の意見にプライドがないからかもしれません。「無責任な人間」とも解釈できます。

「人の反応を肯定的に捉える」のは相手の皮肉がわからない「鈍感な人間」だからかもしれません。

他にもあります。

自分が困ったときや助けを求めているときには、それに必ず応えてくれると信じている。

出典元:同上

「必ず応えてくれる」と信じ切った人間は「他人任せで自分では何もしない人間」になってしまうかもしれません。

3-2.長所にも短所にもなる

このように人の「評価」は解釈によって変わるし、「長所」は時と場合によっては「短所」になることもあります。

よって

安定型の人を「愛着障害を解決してくれるスーパーマン」のように過信すると失望したり、つい責めてしまったりするでしょう。

そうではなく「安定型」も人間だという当然のことを押さえておきましょう。

以上です。ありがとうございました。

※「愛着障害」に関する全記事はこちら

愛着障害【全知識】
この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。