愛着障害の治療の「悪質」な実態!実際に効果があるのは何?

×ヒヨコ

この記事をシェアする

※「愛着障害」に関する全記事はこちら

愛着障害【全知識】

今回も「愛着障害の治療」についての記事です。精神科医の岡田尊司氏いわく

愛着の課題を克服するためには、安全基地となる存在の媒介が、通常は不可欠である。

出典元:岡田尊司『愛着障害の克服』

というわけで、

前回(愛着障害の治療法【まとめ】不安型や回避型による違いも)は「安全基地を媒介にした治療」の紹介をしました。

と同時に

  • この治療法によって治療る人と治らない人がいる。
  • それどころか、愛着障害の症状をむしろ悪化させる可能性がある。

ということも指摘しました。

今回はこれらの注意事項、つまり「安全基地の治療はどの点が間違っているのか」について書いていこうと思います。

また、安全基地以外による治療法についても触れていこうと思います。

※なお、今回の記事は「愛着理論」の知識が前提となるので、

こちらも併せてお読みください。

1.そもそも本当に愛着障害か

精神科医

まず言っておきたいのは

安全基地を媒介にした治療」は岡田尊司氏など一部の精神科医がゴリ押している仮説に過ぎません。

岡田氏によると

愛着障害や不安定型愛着に対する治療というのは、今のところ未発達の分野である。治療者も、それらをどう扱えばよいのかということについて、ごく一部の例外を除いて、認識も経験も乏しいのが現状である。

出典元:岡田尊司『愛着障害』

岡田氏はなぜこのような見切り発車状態で本を書いているのかは、岡田氏の過去の言動手口を紐解けばわかるでしょう。

※例えば、本当に精神的トラブルに苦しんでいる人を救いたいなら、岡田氏のように一般書を書いて商売するよりも

「愛着障害や不安定型愛着に対する治療」の研究をし、きちんと論文を書いて他の専門家とも意見を交わすことが先です。

「治療が未発達」なのは、岡田氏が本来は愛着障害ではない症状や支障も「愛着障害」と呼んでいることが一番の原因でしょう。

よって、まずは

こちらをお確かめください。

次は「安全基地を媒介にした治療」の具体的な問題点を列挙していきます。

1-1.脳科学で否定されている

元も子もない事を言いますが「安全基地による治療法」の効果は脳科学では否定されています。

それどころか愛着障害特有の「症状」や「生きづらさ」は悪化する可能性もあります。

理由は「典型的な暴露療法だから」です。と言っても可能性は低いですが治る場合もあります。

「暴露療法」はささいなの精神的トラブルにはです。しかし、

  1. 愛着障害(不安定な愛着スタイも含め)は「対人関係」「ストレス耐性」「健康状態」に生涯に渡って影響を及ぼすほど強力である。
  2. 安全基地による治療法は半ば無理やり「親への不満」を暴露させる。

という特徴があるため、やはり治療どころか症状を悪化させる可能性が高いかもしれません(治る人もいるでしょうが)。

1-2.親を逆恨みさせる

半ば無理やり親への不満を暴露させる」について解説を加えましょう。

このようなケースもあります。

  1. 親のせいで愛着障害になる→「不幸」や「生きづらさ」を抱える。のではなく
  2. 「不幸」や「生きづらさ」を抱えている→カウンセラーの話を聞いている内に親の悪い部分ばかり思い出す
  3. その結果、自分は愛着障害だと思うようになる

要するに、治療を受ける過程で自分は愛着障害だと思い込まされる。そして親を逆恨みするようになるという危険性もあるのです。

よって、自分の親は「批判するべき毒親」か「まともな親」かをよく考えなければならないでしょう。

1-3.不安定な愛着スタイルは治療できる?

次は、この治療法と不安定な愛着スタイルの相性についてです。

1-3-1.不安型と恐れ・回避型の治療

不安型」や「恐れ・回避型」に特有の生きづらさがあることは以前述べたのですが、

この治療法を実践したら、それらの生きづらさを助長する可能性があります。

1-3-2.回避型の治療

それどころか「回避型」は安全基地を必要としていない場合が多いため、実践することすらできません

1-4.カウンセリングへの誘導

一生付き合う覚悟で、腹を据えて、その人に関わろうとしている非専門家や家族の方が、愛着障害の修復という点では、大きな力となるだろう。実際パートナーや恋人が安全基地となって受け止めた結果、安定していくケースも多い。

出典元:同上

岡田氏によると「安全基地」として最適なのはパートナーや恋人です。

しかし

前回見たように、安全基地に求められる態度は「否定的なことを一切言わず、相手の意見や怒りを丸ごと受け止めること」でした。

そのようなことがパートナーや恋人に可能なのでしょうか。岡田氏はこのようにも言います。

しかし、そこにはしばしば落とし穴もひそんでいる。最初のうちは親身に相談に乗ってくれていても、次第に負担になってきて態度が冷たくなり、最後には拒否されてしまうということも起きがちなことだからだ。

出典元:岡田尊司『愛着障害の克服』

なんだかんだでパートナーや恋人を頼ることはできないらしいです。

課題を抱えている人が真剣に向き合おうと思ったときには、せっかくのチャンスを無駄にしないためにも、信頼できる専門家に助力を求めることをお勧めする。費用がかかったとしても、長い目で見ると、もっと大きな損失や危険を避けることにつながる。

出典元:同上

結局「がかかってもカウンセラーを頼った方が良い」とのことです。

この発言を聞いた時、正直なところ非常にがっかりしました。

著作『愛着障害』の時点では

愛着障害や不安定型愛着に対する治療というのは、今のところ未発達の分野である。治療者も、それらをどう扱えばよいのかということについて、ごく一部の例外を除いて、認識も経験も乏しいのが現状である。

出典元:岡田尊司『愛着障害』

と言っていたので、安全基地の役割をパートナーや恋人に丸投げしていたのかもしれません。

しかし

続編にあたる『愛着障害の克服』では意見を180度変えて「パートナーや恋人に見放されるぞ!嫌ならカウンセリングを受けろ!」

というのはかなり酷い話と思うのですが、どうでしょう。

しかもここまで見てきた通り、そのカウンセリングすらも治療効果が非常に怪しいものでしかありません。

2.愛着障害は治療できない?

×ヒヨコ

立て続けにネガティブなことを述べましたが、最後にポジティブなことを述べましょう。

2-1.「機能」は使える

安全基地の機能自体はコミュニケーション能力を向上させるものとしてなら非常に有効です。

やはり「安全基地」の機能を身につけた人は他人に好まれるでしょう。

逆に言えば

愛着障害を抱えた当人も「安全基地」の機能を学べばいいのです。

「安全基地」の機能を身につけ上手なコミュニケーションをしている内に、精神が安定していくと考えられます。

「自分は安全基地に出会わないとまともに生きられないんだ」と思わないでくださいね。

2-2.治療法は他にもある

ここまで読んだ方の中には「愛着障害は治療できないの?」と思った方もいると思います。ですが安心してください。

安全基地に治療を任る以外にも愛着障害を治療する方法はあります。

例えば、「対人関係療法」や「認知行動療法」によって愛着障害特有の生きづらさや症状を治療できることもあります。

さらに言えば

これらの治療方法の効果は科学的にも認められています。

よって、治療法としてはこれらの方がお勧めなのですが、気になる方は

おススメ

準備中

こちらをご覧ください。

※と言っても、厳密には「愛着障害の治療法」ではありません。

先述したように、岡田氏が本を売る際に「愛着障害」の定義を広げまくったため、そのようなものは精神医学界は想定していないのです。

以上です。ありがとうございました。

※「愛着障害」に関する全記事はこちら

愛着障害【全知識】
この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。