愛着障害 大人の症状は存在しない?その理由を暴露します

ヒヨコ探偵

この記事をシェアする

まずは精神科医の工藤晋平氏の言葉を引用します。

ここで批判されている「岡田氏」というのは愛着障害関連の著作では最も有名な岡田尊司氏のことです。

今回の記事を読まれている方もほとんどが「岡田氏が解釈した愛着障害」に触発されたのだろうと思います。

しかし、このように岡田氏の解釈は他の専門家から痛烈に批判されているということをまずは指摘しておきましょう。

さて、工藤氏によると「日本には愛着障害者はほぼいない」。

しかし

岡田氏によると約4000万人もいるようです。

このように人数に大きな開きがあるのは精神医学界岡田氏など一部の医者とで愛着障害の診断基準が違うからである

ということを念頭においてください。

また、今回のタイトルの【愛着障害 大人の症状は存在しない?】について補足したいのですが、

大人の症状は存在しないと解釈できるのは精神医学界の愛着障害の診断基準に照らし合わせた場合になります。

(以下テンプレ)

※当サイトでは岡田尊司氏の著作を主に参考にしていますが、岡田氏が拡大解釈した愛着理論への批判もしています。

  • 愛着障害の正しい診断基準や症状・特徴
  • 治療方法やその副作用、カウンセリングを受ける際の注意点
  • 生きづらさの正体
  • 毒親との関係

などの知識に興味がある方は

愛着障害【全知識】

こちらをご覧ください。

1.狭い意味での大人の症状

狭い

今回の記事は「愛着障害の症状を【全種類】公開 | 引きこもりや露出狂も?」の続編ですので、細かい解説は省略しますが、

精神医学界で認められている愛着障害である「反応性愛着障害」と「脱抑制型対人交流障害」は5歳までに発症する子どもの症状です。

ということは大人の症状ではありません。

しかし

これらの障害(いわば狭い意味での愛着障害)を抱えた人が大人になった場合大人ならではの症状が出る可能性があります。

例えば、精神科医の高橋和巳氏は

Dタイプの母親のもとで育った人は(…)人生の全期間にわたって様々な精神症状を現すようだ。幼児期から小学生の頃は反応性愛着障害になり、チックや抜毛、夜尿症(…)思春期に至るとひどいケースでは離人症、解離性障害、摂食障害など(…)成人してからも生きにくさを抱え続け、うつ病(反復性うつ病・燃え尽き症候群)やパニック障害などで精神科のクリニックを訪れる。

出典元:高橋和巳『「母と子」という病』

と主張します。しかし、このような年齢による区分はあまり有効ではないかもしれません。

なぜなら

うつ病やパニック障害になる子どももいるからです。

よって「大人の症状」や「子どもの症状」で分類するのではなく、

幼少期に抱えた反応性愛着障害などの重い障害の後遺症で、その後の人生で様々な症状を抱えると解釈した方が良いかもしれません。

2.広い意味での大人の症状

精神科医

「愛着障害の大人の症状」を調べているの多くは、

岡田氏などの一部の精神科医が主張する、いわば広い意味での愛着障害の詳しい情報を得ようとしているのだと思います。

しかし、まずは

冒頭で引用した工藤氏の発言の通りこれは「精神医学界から認められた愛着障害」とは全く異なる概念である

ということを押さえて下さい。

また

岡田氏に対しては「愛着障害」という名称を安易に使うべきではないという批判も多く寄せられているようです。

そんな批判をかわす為か、岡田氏は「不安定な愛着スタイル」という名称を多用しています。

2-1.不安定な愛着スタイルとの違い

「不安定な愛着スタイル」と「愛着障害」の違い

こちらにまとめたのですが、岡田氏はなんだかんだ言って両者を明確には分けていないようです。

2-2.不安定な愛着スタイルの正体

おそらく、多くの人は「不安定な愛着スタイル」を大人の愛着障害の症状のように理解していると思います。

何度も言うように精神医学的に言えばそれは違うのですが、不安定な愛着スタイルの正体についても吟味してください。

特に「不安型」や「回避型」の人は「未解決型」かもしれないので、よく吟味してみてください。

3.ビジネスに注意

ヒヨコ探偵

工藤晋平氏の別の発言を引用しましょう

「対応を間違えれば生きづらさから抜け出すこともできなくなりますので愛着障害ビジネスには要注意」とのことですが、

まさに岡田氏は、いろいろな症状を無理やり愛着障害にしてその対応を促しているので注意が必要です。

そしてその対応に当たるのが、あの有名な「安全基地」です。

3-1.安全基地とビジネス

安全基地については

こちらでまとめたのですが、岡田氏の結論は「安全基地での治療法は失敗しやすいのでカウンセリングを受けろ」というものです。

確かに、ビジネスの匂いがしますね。

3-2.脳科学的には逆効果

また、「安全基地による愛着障害の治療」は脳科学的に見れば、生きづらさを悪化させる可能性がある危険なものです。

最後に、岡田氏の手法で生きづらさを解消できるのならそれでいいのですが効果が無かったり逆効果だった人は、

こちらをご覧ください。

以上です。ありがとうございました。

※「愛着障害」に関する全記事はこちら

愛着障害【全知識】
この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。