愛着障害の症状を【全種類】公開 | 引きこもりや露出狂も?

基準を読むネコ

この記事をシェアする

今回は「愛着障害の症状」について書いていくのですが愛着障害には2通りの解釈があることをまずは言っておきます。

  1. 狭い意味での愛着障害→伝統的な考え方。精神医学界でも認められている。主張者は高橋和巳氏など。
  2. 広い意味での愛着障害→拡大解釈れたもの。世間ではこっちの方が有名。主張者は岡田尊司氏など。

イメージ的にはこんな感じです。そして、解釈の違いは「どのような症状が見られるか」の分析にも大きく関わってきます。

※当サイトでは岡田尊司氏の著作を主に参考にしていますが、岡田氏が拡大解釈した愛着理論への批判もしています。

  • 愛着障害の正しい診断基準や症状・特徴
  • 治療方法やその副作用、カウンセリングを受ける際の注意点
  • 生きづらさの正体
  • 毒親との関係

などの知識に興味がある方は

愛着障害【全知識】

こちらをご覧ください。

1.「狭い意味」での症状

狭い

まずは、冒頭のの解説から

精神医学界で認められているのは「反応性愛着障害」と「脱抑制型対人交流障害」の2つのみです。

おそらく大多数の精神科医もこの立場を取っているのではないでしょうか。

また

この2つの愛着障害は5歳までに発症するというのもポイントです。つまり、子どもの症状なのです。

1-1.診断基準

これらの具体的な診断基準症状については ↓ に書いたのですが、

これらが当てはまっていなければ、本来は愛着障害ではありません。

これらは子どもの症状ですがその子どもが大人になった場合、大人ならではの症状が出るようです。

1-2.幼児期に発症済みの人

高橋和巳氏は

Dタイプの母親のもとで育った人は(…)人生の全期間にわたって様々な精神症状を現すようだ。幼児期から小学生の頃は反応性愛着障害になり、チックや抜毛、夜尿症(…)思春期に至るとひどいケースでは離人症、解離性障害、摂食障害など(…)成人してからも生きにくさを抱え続け、うつ病(反復性うつ病・燃え尽き症候群)やパニック障害などで精神科のクリニックを訪れる。

出典元:高橋和巳『「母と子」という病』

と主張します。ここでのポイントは

「幼児期に反応性愛着障害などの重い障害を発症済みの人が、その後の人生でも様々な症状に見舞われる」ということです。

※「Dタイプの母親」は聞きなれない言葉かもしれませんが、いわゆる「毒親」の一種です。

2.「広い意味」での症状

精神科医

「広い意味」での症状の恐ろしさを一番強く打ち出しているのは、やはり岡田尊司氏でしょう。

うつや不安障害、アルコールや薬物、ギャンブルなどの依存症、境界性パーソナリティ障害や過食症といった現代社会を特徴づける精神的なトラブルの多くにおいて、その要因やリスク・ファクターになっているばかりか、離婚や家庭の崩壊、虐待やネグレクト、結婚や子どもをもつことの回避、社会に出ることへの拒否、非行や犯罪といったさまざまな問題の背景

出典元:同上

このように、岡田氏は非常に多岐にわたる症状や社会問題にも愛着の問題が潜んでいると主張しています。

2-1.人間関係・ストレス耐性・健康面

愛着の問題が「何らかの症状」以外にも関わってくることを強調した描写はこれでしょう。

母親は、子どもの対人関係だけではなく、ストレス耐性や不安の感じ方、パートナーとの関係や子育て、健康や寿命に至るまで、生存に関わる影響を、それこそ生涯にわたって及ぼす。

出典元:同上

「人間関係」「ストレス耐性」「健康面」ですから、人生のほぼすべての事に(しかも生涯にわたって)影響することになります。

2-2.不安定な愛着スタイル

岡田氏の著作を読んだことがある方の中には「岡田先生の言う愛着障害って全員に当てはまるんじゃないの?」と思った方も多いでしょう。

そんな気にさせるのが不安定な愛着スタイルという概念だと思います。

私自身も「回避型」っぽい気もするし「不安型」っぽい知人もいるし…みたいな多少だったら当てはまっていそうな気にさせます。

「症状」と言ったらうつ病や不安障害などが思い浮かぶでしょうが、「不安定な愛着スタイル」は生きづらさに関わるものです。

ですが

不安定な愛着スタイルは、いわば「精神の爆弾」のようなもので、それが爆発したら様々な症状を来してしまう

という、かなり恐ろしいものだそうです。

不安定な愛着スタイルが様々な症状を引き起こすプロセスはなかなか複雑なのですが、気になる方は

こちらをお読みください。

2-3.虚言癖や露出症も

岡田氏による「広い意味」での愛着障害の症状や支障はまだまだあります。例えば、

「露出症(露出狂)」や「鍋に小便を入れる」といった奇行。

「虚言癖」や「被害妄想が強い」。

愛着障害はザックリ言えば「親の不適切な接し方」のせいで起こる障害です。

しかし

愛着障害の人は被害妄想が強い」と言ってしまうと、実際に毒親の被害に合った人は相談すらしずらくなってしまうでしょう。

よって、これは岡田氏の発言の中でもかなり問題があるものだと言えます。

3.愛着障害になる原因や治療・克服法は?

基準を読むネコ

というわけで、今回は「愛着障害の症状」についてまとめたのですが、

「広い意味での愛着障害」と「狭い意味での愛着障害」では症状の内容がかなり違うことが分かったと思います。

不安障害や「露出症」や「鍋に小便を入れる」といった奇行は全く別物に思えますが、

実はいずれも「広い意味での愛着障害」の症状の一種だそうです。

というか

岡田氏は「親の愛情が不足していたから起ったと考えられる症状や支障」を片っ端から「広い意味での愛着障害」と言っているようです。

このような岡田氏の姿勢は賛否両論あるようですが、「親の愛情が不足してしまう原因」については知っておいた方が良いと思うので、

気になる方は↓をお読みください。

また、次回は治療・克服法を紹介するのですが、岡田氏の書き方によると狭い意味・広い意味問わず愛着障害に使えるようなので、

気になる方はお読みください。

以上です。ありがとうございました。

※「愛着障害」に関する全記事はこちら

愛着障害【全知識】
この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。