何でも話せる人は実は危険?愛着理論から考える会話の【安定性】

止めるナース

この記事をシェアする

今回は良い「安全基地」になるためのポイントのうち、

安定性を高める」と「何でも話せる人になる」について掘り下げていきます。

※当サイトでは岡田尊司氏の著作を主に参考にしていますが、岡田氏が拡大解釈した愛着理論への批判もしています。

  • 愛着障害の正しい診断基準や症状・特徴
  • 治療方法やその副作用、カウンセリングを受ける際の注意点
  • 生きづらさの正体
  • 毒親との関係

などの知識に興味がある方は

愛着障害【全知識】

こちらをご覧ください。

1.「安定性」とは何か

「安定性」が高い人の特徴の描写はこちらが最適でしょう。

できること、できないことを明確にしてくれる人。前はできたのに今回はできない、というような不規則性がない人。もしも今回できない場合には、その理由を誠実に説明してくれる人。

出典元:水島広子『「毒親」の正体』

いったん「何でも話せる人」になったとしても次の日には変わってしまうような「安定性」の無い人はダメだということですね。

2.「何でも話せること」の効用

薬箱

次は「何でも話せる人」についてです。

2-1.愛着障害との関係性

岡田尊司氏によると

傷つけられたり、説教されたり、秘密をもらされたりする心配なく、何でも話せる人をもつこと

出典元:同上

愛着障害の治療には非常に有効だそうです。

ただし、注意点があります。

「秘密をもらす」=口が軽いというのは万人にとって論外なのですが、「傷つけられる」「説教される」という基準は人それぞれです。

特に

愛着障害と疑われるほど精神が不安定な人は些細なことで傷つけられたと思ったり、説教されたと思ったりします。

2-2.「何でも話せる人」になるには?

よって、「傷つけられた」「説教された」と思わせないような技術が必要です。

その技術とは、前回までに紹介した

この3つのテクニックと先述した「安定性」です。

これらを駆使すれば「この人は傷つけない、説教しない」と思われるようになり、何でも話せる人になることができます

3.愛着スタイルごとの注意点

前提知識を学ぶネコ

ザックリ言うと、

  • 不安型→他人と親密になりやすく、ベッタリとした関係を望む。
  • 回避型や恐れ・回避型→他人に心を開きにくい

という特徴をもっていました。これらの特徴を踏まえなければ「何でも話せる人」になれません。

3-1.回避型、恐れ・回避型に対して

回避型や恐れ・回避型の人は心を開きにくいので、

上記の3つのテクニック+「安定性」を意識したコミュニケーションを気長にやらなければ「何でも話せる人」にはなれません。

3-2.不安型に対して

不安型の人は回避型や恐れ・回避型の人に比べて心を開きやすいので「何でも話せる」状態になりやすいことに注意しましょう。

愛着不安の強い人は、一度に何もかも話さずにいられないような衝動にかられ、性急な告白をしてしまいがちである。

出典元:同上

このような傾向があるという心構えが必要です。

さらに言えば

不安型に対しては「何でも話せる人」になりやすくても、そうなった後の方がむしろ大事です。

「安定性」のあるコミュニケーションをしなければ、裏切られたと思われかねないので注意しましょう。

4.「何でも話せる人」の危険性

止めるナース

最後に「何でも話せる人」の危険性についても書きましょう。

4-1.愛着障害と思い込ませる

岡田氏は「何でも話せる人」に対して、

語ることによってそれまで断片的にバラバラだったものが、統合され、傷や歪みが修復されていく

出典元:岡田尊司『愛着障害』

とのことですが、実はこれは非常に危険な考え方です。

ザックリ言うと、愛着障害の治療法とは「現在の不幸は親の育て方が悪かったからだ」と不満をぶちまけてスッキリするというものなのですが、

※愛着障害の治療法については

「断片的にバラバラだったものを統合する」というのは「全ては親が悪い」という解釈を与えるということでもあります。

現に、現代の脳科学の成果は

  1. 親のせいで愛着障害になる→「不幸」や「生きづらさ」を抱える。のではなく
  2. 「不幸」や「生きづらさ」を抱えている→カウンセラーの話を聞いている内に親の悪い部分ばかり思い出す
  3. その結果、自分は愛着障害だと思うようになる

という事もあり得ることを指摘しているのです。

4-2.ビジネスへの誘導

しかも、岡田氏は「愛着障害の人は被害妄想が強く、記憶を塗り替えやすい」と発言しています。

ダメ押しで岡田氏のトンデモ発言を紹介するなら、岡田氏は

恋人やパートナーが「安全基地」になることによる愛着障害の治療はきっと失敗するので、費用はかかるがカウンセリングを受けた方が良い

という発言もしています。

というわけで、

これまで何回かに渡って紹介した良い「安全基地」になるためのポイントコミュニケーション上達のコツとしては非常に有効なのですが、

以上のような危険性があることも知っておいてください。

以上です。ありがとうございました。

※「愛着障害」に関する全記事はこちら

愛着障害【全知識】
この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。