Dタイプの親への2つの対応法 | 絶縁よりも重要な事とは?

○×犬

この記事をシェアする

前回の発達障害の毒親=「Dタイプの親」をご存知ですか?の続き。

前回は最後に

「Dタイプの親に、子どもはどう対応したらいいのか」の答えが、愛着理論系の精神科医である高橋和巳氏と毒親研究家の水島広子氏では違う

ということを指摘しました。

今回は「Dタイプの親」のもっと細かい特徴と、Dタイプの親への2つの対応法(高流・水島流の2つ)を紹介します。

基本的にはどちらの対応法も

  1. 「Dタイプの親」は軽度の知的障害(軽度の発達障害)を持っていることを理解すること。
  2. 自分が生きていくために必要ならば「Dタイプの親」と絶縁すること。

は共通しているのですがかなり違っている部分もあります。

1.高橋和巳的対応法

カルテ

Dタイプの親の客観的な評価

を読んでください。これを踏まえて、高橋和巳氏の評価を見ていきましょう。

1-1.かなり否定的な評価

幼稚で、子どもっぽく、親(あるいは成人)としての責任が乏しく、社会的な常識に欠け、自分中心で、相手の立場を考えない

出典元:高橋和巳『「母と子」という病』

このように高橋氏はDタイプの親にかなり厳しい物言いをします。

しかし、この評価はDタイプの親から苦しめられて育ってきた人には共感できるかもしれません。

1-2.愛着理論的観点

Dタイプの親からもたらされる精神的不調は「愛着障害」と呼ばれます。愛着障害の治療法が気になる方は

を読んで欲しいのですが、ポイントとしては誰かに対して

(親から)傷つけられた怒りや悲しみを、恨みつらみを込めて叩きつけるように語り続ける

出典元:岡田尊司『愛着障害』

ことが重要なのでDタイプの親にかなり否定的な評価を下すことは、「愛着理論」的には必然なのかもしれません。

1-3.愛着障害は治らない?

愛着理論では「親(特に母親)の2歳までの育て方で子どもの一生はおおよそ決まる」と考えます。

高橋氏はこのように言います。

出発点は母子の愛着関係にある。そこでできた自己イメージの大枠は、おそらく生涯を通じて変わらない。それは、よいも悪いも、生まれながらに背負った運命だ。運命は変えられない。

出典元:高橋和巳『「母と子」という病』

逆に言えば「一生不幸になるかもしれないという運命」を背負わせたDタイプの親は断罪されて当然となります。

対する、Dタイプの親からの虐待によって精神的不調(愛着障害)を抱えてしまった人には冒頭にあげた2つの行為が推奨されるのですが、

高橋氏は「運命は変えられない」と言っているので、「愛着障害は治らない」と思っているのかもしれません。

「愛着理論」関係の本を読んで暗い気持ちになった方も多いと思いますが、この理論は全体的にネガティブなイメージがあります。

※もし「愛着理論」関係の本やサイトを見て「自分は幸せになれないかも」と思った方は

2.水島広子的対応法

カルテ2

水島広氏の著書『「毒親」の正体』は水島氏のクリニックに訪れた、摂食障害に悩むAさんAさんの母親の話から始まります。

2-1.Aさんの毒親のケース

診察の結果、Aさんの摂食障害の原因は母親による虐待である可能性が浮上したのですが、同時にAさんの母親が軽度の発達障害を持っていた事が分かりました。

つまり、「Dタイプの親」だったのです。

発達障害であるがゆえに、ある点に注意を奪われるとそれを達成することだけにとらわれてしまい、うまくいかないとパニックになる

出典元:高橋和巳『「母と子」という病』

そして子どもにきつく当たってしまいます。具体的には

身体的に引きずり回したり、家から閉め出したりするなど

出典元:水島広子『「毒親」の正体』

をしてしまっていたようです。

2-2.真正の毒親とは違う

ここで水島氏はある疑問を呈します。

もしAさんが診察を受ければ母親は自身の虐待が明らかになります。にもかかわらずAさんの母親は何故Aさんの診察を希望したのでしょうか?

前回も書いた通り、水島氏は「真正の毒親」と「Dタイプの毒親」を区別して考えるのですが、

「真正の毒親」は虐待が発覚するのを恐れ、診療所に子どもを連れて行くことはまずありません

また、「真正の毒親」の中には神様のように振る舞い、自分は絶対に正しいと思い込んでいる人や、

裁判にでもならない限り自分の非を認めない人もいますが、

「Aさんの母親」は診療中に自分の非を指摘されるとあっさり認め、Aさんには幸せになって欲しいと願ってもいたようです。

しかし、軽度の発達障害を持つ故に、パニックになるとAさんにきつく当たってしまっていたのでした。

2-3.自己肯定を取り戻す

と言っても、いくらパニックになったとは言え子どもを引きずり回すというのは野蛮なことですし、

診察中に「それは悪いことです」と指摘されてやっと過ちに気付くというのは遅すぎると思いますが、

Dタイプの親は「そういう人」だから仕方ないとのことです。

このように

「そういう人」だから仕方ないと思うことこそが、Dタイプの親からの被害を受けた人にとって必要だと水島氏は説きます。

これは「Dタイプの親を許し、和解しろ」というわけではありません。Dタイプの親から虐待を受けた人は

トラウマがあるだけではなく、「自分がダメだから虐待されるんだ」と思うため自己評価が低くなる傾向があります。

「Dタイプの親はそういう人だから仕方ない=自分は悪くない」と思うことが、自己評価や自己肯定感を取り戻すことにつながるわけです。

2-4.心の余裕を作るため

水島氏は絶縁を絶対的に推奨しているわけではありません。

要は

親を過剰に恐れたり、「自分はダメなんだ」と思うことがなくなることが大事なのです。

「Dタイプの親はそういう人だから仕方ない」と思うことで徐々に心に余裕を作り、平静を保てるのなら別に同居したままでも構いません。

ただし、親に対する怒りが湧いてくることも確かでしょうから、その時は別々に暮らし、場合によっては絶縁することもあるでしょう。

このように、水島氏は絶縁までに段階を踏んでいるわけですね。

3.両者の違い

○×犬

以上が高橋氏と水島氏の「Dタイプの親への対応法」になりますが、

両者とも「Dタイプの親は軽度の発達障害を持っている」ことを理解することが大事としながら、

  • 高橋氏は「もはや親とは分かり合えない」ことを悟るために、その理解が大事である。
  • 水島氏は「自分が憎いから虐待したわけではない」と知り自己肯定感を取り戻すために、その理解が大事である。

というように、目的が違うことが分かったと思います。

どちらの思考法が合っているかは人それぞれ違うと思うのですが、Dタイプの親に悩まされている方は是非今回の記事を参考にしてください。

また、先述したように高橋氏は「Dタイプの親から受けた精神的不調は運命だから仕方ない」と思っている節があるようなのですが、

水島氏は「対人関係療法」という精神的不調の改善方法を提示しています。

これについて気になる方は

関連記事

準備中

こちらをご覧ください。

以上です。ありがとうございました。

※「愛着障害」に関する全記事はこちら

愛着障害【全知識】
この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。