愛着障害者は「頭のおかしい嘘つき」が多い事が判明?

ビックリマーク

この記事をシェアする

前回(愛着障害者は「被害妄想の強い嘘つき」が多い事が判明?)は

精神科医の岡田尊司氏の「愛着障害者は被害妄想が強いことが多い」という主張を紹介しました。

今回は、それと同じくらいの問題発言である「愛着障害者は頭のおかしい嘘つきが多い」という主張についてまとめていきます。

※当サイトでは岡田尊司氏の著作を主に参考にしていますが、岡田氏が拡大解釈した愛着理論への批判もしています。

  • 愛着障害の正しい診断基準や症状・特徴
  • 治療方法やその副作用、カウンセリングを受ける際の注意点
  • 生きづらさの正体
  • 毒親との関係

などの知識に興味がある方は

愛着障害【全知識】

こちらをご覧ください。

1.ルソーについて

読むネコ

今回の主役はジャン=ジャック・ルソー(フランスの哲学者)です。

愛着障害が「ウソ」である理由④【診断がめちゃくちゃ】を読んでいただければわかるように、

ジャン=ジャック・ルソーは愛着障害にはなり得ない環境で育ちました。

にもかかわらず

岡田氏はルソーのことを代表的な愛着障害者に認定しています。

そして、すぐさま岡田氏はルソーの性癖についての描写を始めます。

1-1.ルソーの性癖

ルソーは癖の強い人物だったようです。

ルソーにも性倒錯的な趣味があった。マゾヒズム露出症と呼ばれるもので、彼は女性からわざと踏みつけにされ、赦しを乞うことに性的快楽を感じたという。また、自分の性器を若い女性たちにみせて、驚かして面白がることまでやっていた。

出典元:同上

このように、ルソーは「マゾヒスト」の「露出症」といった変態趣味がありました。これらの趣味は、あるきっかけが原因で覚醒したようです。

1-1-1.お尻を叩かれた

ある日いたずらをしたルソーは、マドモワゼル(育ての親の妹)から罰としてお尻を叩かれた。そのときルソーが受けた、苦痛と快楽の入り混じった感覚は、彼の性愛的嗜好を決定したのである。

出典元:同上

このようにマドモワゼルという女性からお尻を叩かれて気持ちよくなってしまったルソー少年なのですが、

ここでマドモワゼルは「育ての親の妹」であることに注目しましょう。また、「いたずらの罰」でお尻を叩かれたというのもポイントです。

1-1-2.典型的な問題行動

盗み、虚言、度の過ぎたいたずらといったものは、愛着障害の子どもに、しばしばみられる典型的な問題行動である。

出典元:同上

この内ルソーに当てはまるのは「虚言」と「度の過ぎたいたずら」です。

しかも

しばしばみられる典型的な行動」というのにも注目しましょう。

「愛着障害の人は頻繁に嘘をつき、度の過ぎたいたずらをする」と専門家は分析しているわけです

ちなみに「盗み」も愛着障害の人によくみられる行動らしいのですが、その代表的人物はフランスの文豪ジャン・ジュネです。

※ジュネについては

1-1-3.度の過ぎたいたずら

ルソーがやった「度の過ぎたいたずら」には、例えばこのようなものがあります。

食べ物の入った鍋にこっそり小便をする

出典元:岡田尊司『愛着障害』

食べ物に小便を入れたのはルソーだけではありません。同じく、代表的愛着障害者とされている高橋是清(政治家)もそうだったようです。

鍋だから液体である「小便」を入れてもバレないと思ったのかもしれませんが、凄まじいエピソードですよね。

1-2.愛着障害の原因

ルソーの数々の奇行の原因を岡田氏はこのように説明します。

「母親がいなくて寂しかったから」(正確に言えば、母親との間に愛着を築けなかったから。)

ルソーは生まれてすぐに母親を亡くします。その寂しさにより精神的にもろくなり、奇行に走るようになったというわけです。

わかるような、わからないような、やっぱりわからないですよね。

  • 母親を亡くした→その寂しさを埋めるために鍋に小便を入れる
  • 母親を亡くした→その寂しさを埋めるために露出狂になる

というのはどう考えても話が飛躍しています。このように、愛着理論の主張は滅茶苦茶なのです。さらに言えば、

「なぜ母親を幼少期に失った人の中には『露出狂』と『露出狂ではない人』の両方が存在するのか」を証明しなければならないでしょう。

また、そもそもルソーは愛着理論の観点から言っても愛着障害にはならない環境で育っています

2.頭のおかしい嘘つき

ルソーの話には続きがあります。

自分の性器を若い女性たちにみせて、驚かして面白がることまでやっていた。あるとき、その場を取り押さえられ、官憲に突き出されそうになったが、自分は「頭がおかしい貴族の子息だ」と嘘をついて、辛うじて難を免れたという。

出典元:同上

「露出狂」のルソーは「頭がおかしい貴族の子息だ」と「嘘をついた」そうです。

この場合の嘘は「貴族の子息」というところで「頭がおかしい」という部分ではないでしょう。

それにしても

なぜ岡田氏はルソーのこのエピソードを紹介しているのでしょう。

愛着障害にはなり得ないルソーをむりやり代表的な愛着障害者にした挙句、「頭がおかしい」というのを強調しているのです。

3.もう一度原因の確認

ビックリマーク

愛着障害と愛着パターン・愛着スタイルとロリコンと虚言癖の違いで詳しく書きましたが、

不安定な愛着スタイルを持つ人はストレスによって、ロリコンになったり露出狂になったりする可能性があるとされています。

よって、今回の話は「自分は不安定な愛着スタイルだ」と思っている全ての人に関わります。

しかし、他の記事でも何度も主張しているように、

不安定な愛着スタイルになる原因が当てはまっていなければ、不安定な愛着スタイルにはなりません。

従って「自分は不安定な愛着スタイルだ」と思い込んでいる人は、こちらの記事でもう一度原因を確認して下さい。

以上です。ありがとうございました。

※「愛着障害」に関する全記事はこちら

愛着障害【全知識】
この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。