いじめ「られた」のを「親」の責任にしたがる精神科医たち

驚く母親

この記事をシェアする

「いじめ(特にニュースになるようないじめ)」が起こった時、「いじめた子の親はどんな教育をしていたんだ!」と憤る人たちがいます。

そのような人たちの溜飲を下げる(つまり、いじめた子の親の責任を問うこと)に貢献するのが「愛着理論」です。

しかし、注意点があります。

実は

愛着理論は「いじめられた子の」すらも批判する理論です。

愛着理論の特徴を一言で言うと「子どものあらゆる不幸の原因は親が作った」と考えることです。

この理論は多くの人から

  • 母親や母性への敬意で溢れている。
  • 毒親の被害に合った子ども」のことを深く配慮している。

と考えられているのかもしれませんが全然違います。例えば、精神科医の高橋和巳氏は

学校でいじめの対象になりやすい子は、父性の質であるがんばり方や、対人関係の距離の保ち方、集団の中で自己主張する仕方(言い換えれば、闘い方)を知らないことが多い。

その原因をさかのぼっていくと、母親からもらうべき安心を十分に獲得していないことに行き着く。

出典元:高橋和巳『「母と子」という病』

と述べています。このように

子どものあらゆる不幸の原因を遡っていくと「親(特に母親)の育て方が悪かったこと」に行き着くというのが「愛着理論」の考え方です。

「子どものあらゆる不幸」の中には「いじめ」も当然含まれます。

なお

毒親」は子どもを不幸にするので叩かれて当然なのですが愛着理論は「まともな親」すらも叩きます。

この区別は強調しておきましょう。

※今回の記事も「愛着理論」の知識が前提となるので、

こちらも併せてお読みください。

1.いじめ×愛着理論×母親

神

愛着理論は「親子関係」が全ての人間関係の基になっていると考えます。

このことは、まさに「いじめ」の問題で浮き彫りとなります。

1-1.いじめた子は悪くない?

いじめは「いじめた子」と「いじめられた子」の問題で、普通は「いじめた子」の方に問題があったと考えます。

「いじめられた子」の方が気が弱かったり、立場が弱かったりして意見がなかなか言えない場合があるので、より配慮せねばならない

と考えるのが普通ですよね。しかし、愛着理論はこのように考えません。

どのように考えるのかというと

「いじめられた子」が「いじめた子」との人間関係が上手くいかない理由は、幼児期における親子関係が上手くいってなかったからだと考えます。

つまり、「いじめた子」の落ち度を考慮せず、親の責任ばかりを問題にするのです

「いじめた子」の落ち度をも多少は考慮しているのかもしれませんが、

「幼児期の親子関係その他の人間関係に多大な影響を及ぼす」と愛着理論では考えるのでやはり、親(特に母親)が責められます。

1-2.なぜ「特に母親」なのか

生まれてから1歳半からくらい、せいぜい2歳までが、愛着が成立する上でのタイムリミットである。(…)この時期に愛着が形成されなかった場合、子どもは、養育者との間に安定した愛着を持つことができないだけでなく、誰との間にも安定した愛着を育むことが困難となる。

出典元:岡田尊司『回避性愛着障害』

精神科医の岡田尊司氏はこのように述べています。

「愛着」とは強い心の絆のことで、多くの場合母子間の絆のことを指します。

「母子間の絆」が何故重要なのかはこの一文を引用すればわかるでしょう。

母親は、子どもの対人関係だけではなく、ストレス耐性や不安の感じ方、パートナーとの関係や子育て、健康や寿命に至るまで、生存に関わる影響を、それこそ生涯にわたって及ぼす。

出典元:同上

このように2歳までに母親との愛着を築けなかった子どもは「対人関係」や「ストレス耐性や不安の感じ方」に問題のある子どもになってしまうので

当然いじめられやすくなります。よって、父親よりも母親が多くの責任を問われるわけですね。

※もちろん、精神科医の全てが母親に厳しいわけではありません。

1-3.まともな親を叩け

一部の精神科医が「いじめの原因は親(特に母親)だ」なんてことを平気で言える理由は

母親に対する理想が高い人たちが作った理論だからでしょう。つまり、理想的ではない母親は徹底的に叩かれてしまうのです。

もう一つの理由は「叩きやすいから」でしょう。

「毒親」でもない限り、「まともな親」は「自分の子どもがいじめられた責任はあなたにある!」と言われたら罪悪感を抱きますよね。

その結果、愛着理論を信じ込みやすくなってしまうのです。

2.いじめ×愛着理論×子ども

驚く母親

愛着理論は親(特に母親)の影響力を強調し過ぎるあまり、それ以外からの影響を軽視します。

当サイトでは高橋和巳氏の愛着理論を岡田尊司氏のそれよりも肯定的に捉えているのですが、

※実は愛着理論には大きく分けて2通りあります。

高橋氏には

出発点は母子の愛着関係にある。そこできた自己イメージの大枠は、おそらく生涯を通じて変わらない。それは、よいも悪いも、生まれながらに背負った運命だ。運命は変えられない

出典元:同上

私たちはどうあっても、母親との愛着関係、その有無も含めて、に縛られて人生を歩み出す。

出典元:同上

このように、母親の影響力を過大視する傾向があります。

一方の岡田尊司氏にもそのような傾向があるので愛着理論は母親にとって非常に重い理論だと言えるでしょう。

しかし、コミュニケーションの仕方は接する人ごとに変えるのが普通です。

例えば

短気な友だちに対してと臆病な友だちに対してとでは、こちらも対応の仕方を変えますよね。

そのようにして人間は少しずつ「コミュニケーションの仕方」を学んでいきます。ところが、

愛着理論では幼児期での親とのコミュニケーションにつまづくと他人とのコミュニケーションもできなくなると考えるのです。

高橋氏的に言うと「母親との愛着関係に縛られる」わけです。そして、その「運命は変えられない」らしいので、

「学校でいじめられる奴は社会に出てからもいじめられる」という救いのない考え方に愛着理論はなってしまいます。

※もちろん、この考え方は間違っています。どう間違っているか気になる方は

こちらの記事をご覧ください。

以上です。ありがとうございました。

※「愛着障害」に関する全記事はこちら

愛着障害【全知識】
この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。