愛着理論はウソだらけ!専門家が教えない愛着障害の真実

医者と患者

この記事をシェアする

前回(生きづらさの原因になる「自己否定」や「人間不信」の解決方法)は「愛着理論」の基礎知識について書いたのですが、

その中で

世間で愛着理論だと思われているのは岡田尊司氏が解釈したものなのですが、この岡田尊司流の愛着理論は精神医学とは認められていません

と述べました。

また

岡田氏の主張は多くの専門家に批判されていることも紹介しました。

おそらく、岡田氏はそのことも百も承知で、むしろその「斬新さ」や「異端児感」を売りにしているのでしょうが、

やはり、われわれは様々な批判も考慮したうえで「岡田尊司流愛着理論」の評価をした方が良いでしょう。

というわけで今回は愛着理論を紹介するのですが、主に岡田氏が解釈したものを取り上げ、さらに批判も加えようと思います。

※岡田氏の過去の言動問題ある手口についてまとめた

こちらの記事も併せてお読みください。

1.愛着理論と〇〇

毒

まずは、岡田流愛着理論を知るうえで前提知識となることから書いていきます。

1-1.毒親との関係性

まずは「毒親と愛着障害の関係性」から述べなければなりません。

もともと愛着障害は毒親からもたらされた障害を指すのみを言葉でした。「虐待を受けた子ども」について考えさせる言葉でもありました。

しかし

「愛着障害」を超拡大解釈した岡田流愛着理論は、むしろ毒親被害者の生きづらい世の中を作るのに貢献しています。

「毒親と愛着障害の関係性」については

こちらを読んで欲しいのですが、岡田氏が「毒親被害者の生きづらい世の中を作っている」と言える理由の一つとしては

こちらに書いたように、岡田氏が「愛着障害者=被害妄想が強い」という主張をしていることが挙げられます。

これでは毒親の被害に合った人々の訴えすら「被害妄想」と思われるような世の中にしてしまいかねません。

さらに毒親との関連で言えば、岡田氏の愛着理論は

様々な人を巻き込む迷惑なものである割には、毒親被害者の救済にはこれと言って必要ではありません

別に他の理論でもカウンセリングや問題解決ができるわけです。

1-2.理想的ではない母親を叩け

「毒親」は叩かれて当然ですが、この愛着理論は「まともな親(特に母親)」すらも徹底的に叩きます。

愛着理論自体が母親の影響力を過大視する傾向(ただし、これには愛着理論を採用する精神科医の中でも議論があります)が強いらしく、

その点も詳しく検討していきたいのですが、特に岡田氏には

「母親には本来、特殊な力が備わっているはずだから、子育ての多くの責任を負うべきだ」と思っているようなので、

「理想的ではない母親」を異常に叩く傾向があります。

というわけで、愛着理論は「まともな親(特に母親)」にも無関係ではないのです。

2.愛着理論の要点

カルテ2

次は愛着理論の要点まとめていきます。

2-1.愛着とは

子どもと親(特に母親)の間の心の絆。①強い、②弱い③ほとんどないの3パターンにわかれる。

本来の愛着理論では③ほとんどない場合のみ、子どもは愛着障害になると考えます。

しかし

岡田氏などの一部の精神科医が拡大解釈した愛着理論では②弱い人も「広い意味での愛着障害」になると考えます。

これは大きな違いです。

おそらく、自分は愛着障害だと思っている人の大多数は②弱いに分類されると思いますが、

本来の愛着理論ではそのような方は愛着障害ではないのです。

2-2.愛着の影響力

愛着の影響力の凄まじさは以下の通りです。

母親は、子どもの対人関係だけではなく、ストレス耐性や不安の感じ方、パートナーとの関係や子育て、健康や寿命に至るまで、生存に関わる影響を、それこそ生涯にわたって及ぼす。

出典元:岡田尊司『回避性愛着障害』

「人間関係」「ストレス耐性」「健康面」という人生のほぼすべての事に生涯にわたって影響するとのことです。

2-3.二歳までがタイムリミット

生まれてから1歳半からくらい、せいぜい2歳までが、愛着が成立する上でのタイムリミットである。

出典元:同上

自己イメージの土台は、自分には決定権がなかった2歳くらいの間に大枠ができ上って、生涯大きく変わらない。

出典元:高橋和巳『「母と子」という病』

このように愛着理論では「2歳まで」というのがキーワードになります。

3.愛着障害の要点

医者と患者

というわけで愛着理論の要点をまとめましたが、今度は「愛着障害」について考えていきましょう。

3-1.愛着障害とは

2歳までに親(特に母親)や養育者との間に強い心の絆が出来なかったことが原因で様々な症状や支障が生じている状態のこと。

このように厳密には、愛着障害は「症状の名」というよりは「症状が生じている状態」のことなのですが、ややこしいと思う方は

2歳までに親との間に「強い心の絆が出来なかった」ことが原因で愛着障害になった結果、様々な症状や支障が生じやすい体質になる。

というように捉えればよいでしょう。

様々な症状や支障については

3-2.重要なのは原因

多くの人は上記した「様々な症状や支障」のリストを見れば「自分は愛着障害かも」と思うかもしれません。

しかし

「様々な症状や支障」は愛着障害になった結果生じるものです。

「愛着障害になる原因」が当てはまっていなければ愛着障害にはなりません。その原因は

2歳までに親との間に強い心の絆が出来なかったこと」です。

しかし、この考え方には大きな疑問点が残ります。

3-2-1.物心つく前の記憶

一般的には3歳以前(物心つく前)の記憶は人間の脳には残らないと言われています。愛着理論はさらに昔の「2歳以前」を問題にします。

岡田尊司氏も

物心つく前のことは、本人も覚えていないし、母親自身忘れているということも多い。

出典元:岡田尊司『発達障害と呼ばないで』

と言っているようです。

しかし

「2歳以前の体験」が何らかの形で影響を及ぼしているのでないと、愛着理論の考え方は成立しません

それが「基本的安心感」などと呼ばれるものなのでしょうが、これは非常にツッコミどころが多い考え方です。

※この関連記事では「三つ子の魂百まで」を批判したのですが、愛着理論は「三つ子」ばかりか「二つ子の魂百まで」という考え方です。

また「内的作業モデル」も「2歳以前の体験が何らかの形で影響を及ぼしている」ことを究明する概念なのですが、この概念にも問題があります

3-2-2.数値化できない

さらに「強い心の絆」というのも、

数値化できるものではないので客観的に観察できません。自己申告」するくらいしかないでしょう。

要は「自分は愛着障害かも」と思えば愛着障害となります。

※正式な診断基準については

3-3.アダルトチルドレンとの類似性

突然ですが、皆さんは「アダルトチルドレン」という言葉をご存知でしょうか。

この言葉も当初は「虐待のトラウマに苦しめられている人」や「毒親(機能不全家族)に育てられた人」を社会問題にするための言葉でした。

しかし一部の精神科医やコメンテーターが自分の名や著作を売る過程で拡大解釈しまくった結果、死語になってしまいました。

臨床心理士の信田さよ子は、本人が機能していなかったと考えればそれは機能不全家族であるとし、「私はACを『自分の生きづらさが親との関係に起因すると認めた人』と定義づけている」「自分がACと思えばAC」と述べ、アダルトチルドレンは自己認知の問題であり、医師やカウンセラーが一方的に診断して与えるレッテルではなく、病気でもないとしている

出典元:同上

※AC=アダルトチルドレン

「本人が機能していなかったと考えればそれは機能不全家族」…信田氏は簡単に言いますが、そのような馬鹿げたことをすれば、

  • まともな親を逆恨みすることになり、親子関係が破綻する。
  • アダルトチルドレンと思い込んだ人は大きなハンデを背負ったと思い込み、さらに自分は不幸だと思い込むようになる。

このように多くの人に被害が出ます。しかし、驚くべきは「カウンセラーが一方的に診断しするものではない」と断言していることです。

つまり

「自分はアダルトチルドレンだ」と思い込み、親子関係が破綻したとしても、それは自己責任でカウンセラーは責任を取らない

ということです。その一方で、

この手のカウンセラーは「アダルトチルドレン」に関するセラピーやカウンセリング、講演や出版活動などで金儲けをしています。

※「アダルトチルドレン」については

4.愛着理論をゴリ押しする医者

愛着理論は「様々な症状や生きづらさの原因を究明する理論」なのですが、それらの治療・克服法を示したものでもあります。

※あの有名な「安全基地」も治療・克服法に関わるものです。

今回は「愛着理論【概要編】」だったのですが、多くの問題点がある事がわかったと思います。

次回は「愛着理論【治療編】」に入るのですが、そちらも【概要編】と同じくらい問題点があります。

※もちろん、扱うのは主に岡田尊司流愛着理論です。

また、今回の最後に登場したような「胡散臭いカウンセラー」も愛着理論【治療編】でもキーワードのなります。

以上です。ありがとうございました。

※「愛着障害」に関する全記事はこちら

愛着障害【全知識】
この記事をシェアする

2 件のコメント

  • 著名な脳科学者や臨床心理士、精神医学者の問診項目(診断表)はほとんどの人(ほとんどというか全員では?)が当てはまるし、当てはまらない人がいたとしたら逆にマザコンやファザコン、サイコパスおよび歪んだ人間関係構築する人を疑った方がいいのではと思うような問診の中身だけですね!
    愛着障害という症状に導くための小道具ではないかと思うくらいです。

    • いつもコメントありがとうございます。

      「当てはまらない人がいたとしたら逆にマザコンやファザコン」というのは鋭い指摘です。しかし、その場合にも注意が必要です。

      子どもが親に抵抗を覚えたら、カウンセラーはすぐさま、その親に対して「愛情不足で無責任な親」というレッテルを貼るのですが、

      逆に子どもがマザコンやにファザコンになったら、今度は親は「過保護で子どもの自主性を奪ったダメな親」というレッテルを貼られます。

      (愛着理論系の)カウンセラーは「子どもは善、悪くなったとしたら親の責任、そんな親と闘う正義のカウンセラー」という構図をとにかく徹底させたいのでしょう。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。