回避型愛 着スタイルはサイコパス?〇〇が当てはまっていたら注意

シルエットの男

この記事をシェアする

「愛着障害」ではなく「回避型 愛着スタイル」と検索する方は、ある程度愛着理論のことを知っている方だと思います。そのような方は

回避型の愛着スタイル=「他人との交流が苦手で孤立しやすい」というふうにザックリと理解しているのではないでしょうか。

※「回避型」も「愛着スタイル」もよく知らないという方は

確かに、そのような傾向があると言われていますが、

「回避型の愛着スタイル」の特徴にはサイコパスロリコンなどのかなり危ないものも含まれていることを忘れてはなりません。

今回はそれらの点を掘り下げていきます。

※当サイトでは岡田尊司氏の著作を主に参考にしていますが、岡田氏が拡大解釈した愛着理論への批判もしています。

  • 愛着障害の正しい診断基準や症状・特徴
  • 治療方法やその副作用、カウンセリングを受ける際の注意点
  • 生きづらさの正体
  • 毒親との関係

などの知識に興味がある方は

愛着障害【全知識】

こちらをご覧ください。

※また、今回の記事は

こちらの「おススメ」を読んでいただいている前提で話を進めます。

1.回避型の愛着スタイル【基礎知識】

まずは「回避型の愛着スタイル」の人のよく知られている特徴をいくつか挙げましょう。

多くのサイトで紹介している特徴も大体こんな感じです。

1-1.回避型の愛着スタイルの特徴

  • 親密な関係を重荷に感じる。
  • 他人と距離をとろうとする。
  • 悩みを打ち明けたがらない
  • 誰かと一緒にいるのが苦手。
  • 意見が衝突するのをさけるため、自分が身を引くこともある。
  • ポーカーフェイスで感情を表に出すのが苦手。
  • 頼られることを嫌う。

これらの特徴に心当たりのある方は結構多いのではないでしょうか。

このような特徴は恋人などの本来は親密であるべき相手に対しても見られます。次は恋愛観をいくつか挙げましょう。

1-2.恋愛観

  1. 恋愛には激情が必要だが、もともとそのようなものがないため、上手くいかなかったときのリスク相手の欠点にばかり目が行ってしまう。
  2. 恋愛を「性行為に至るプロセス」としか捉えず、恋愛自体の楽しみであるデートや駆け引きなどを煩わしく思う。
  3. 現実の人物よりも、アイドルやアニメなどの偶像に憧れる。

などなど。少しツッコミを入れるとしたら、

などはただの趣味の問題で「安定型」や「不安型」でも、当てはまる人には当てはまりそうな気もします。

※「安定型」や「不安型」の愛着スタイルについては

に至っては、ただ恋愛を知らないだけのようにも感じます。

このように

「回避型の愛着スタイル」の人の特徴にはよく考えると疑問が残るものも結構あるのです。

※「回避型 愛着スタイル」の恋愛観についてより詳しく知りたい方は

関連記事

準備中

2.回避型の愛着スタイルの意外な特徴

シルエットの男

実は特徴はまだまだあります。

強情やわがままや度の過ぎたいたずら

出典元:岡田尊司『愛着障害』

先ほどの特徴と全然違うようですが、これも「回避型の愛着スタイル」の特徴らしいです。

2-1.サイコパスやロリコン

さらに「回避型 愛着スタイル」の人は

心の構造が違っているため、さらに言えば、脳の働き方自体が違っているため、安定型の人が、パートナーの苦痛を思いやるようにはできない

出典元:同上

先ほどは「人付き合いが苦手」くらいのニュアンスでしたが、

ここでは「普通の人と脳の作りが違うから他人の痛みがわからない」というサイコパスのような扱いになっています。

似た表現なのですが、

回避型の人が、ときに、苦しむ者の姿を面白がるといった場合もある。回避型の子どもは、弱い者いじめをする側に回りやすいことは、以前から知られた事実である。

出典元:岡田尊司『回避性愛着障害』

このように精神科医の岡田尊司氏は「人格に問題がある人々」のように描いています。

恋愛面にしても「SM的な傾向を帯びやすい」「乱交に目覚めることもある」「ロリコン」などの側面があるようです。

ここまで来ると、なんだか「回避型の愛着スタイル」は怪物のように思えてきます。

2-2.安易な自己診断は危険

「でも、これらは岡田氏の個人の解釈に過ぎないから気にしなくていいんじゃない?」と思う方もいるかもしれません。

ところがそれは間違いです

なぜなら

日本ではおそらく「愛着理論=岡田尊司」というくらい、岡田氏の解釈した愛着理論は影響力を持っているからです。

よって、これからは「回避型の愛着スタイル=サイコパス」のような認識が広まるでしょう。あるいは、もう広まっているかもしれません。

「回避型の愛着スタイル=人付き合いが苦手」くらいだと理解して、「自分に当てはまっているかも」と思っている方は要注意です。

なぜなら「自分は回避型の愛着スタイル」と認定することは「自分はサイコパスのロリコンだ」と自己紹介するようなものだからです。

※もちろん岡田氏のこのようなオーバーな発言には様々な専門家からの批判があります。

他にも岡田氏はかなり過激な主張をしています。

3.回避型の愛着スタイルになる理由

ぼんやりする男性

このように、胡散臭さもある「回避型の愛着スタイル」なのですが、これが身に付くメカニズムはどのようなものなのでしょうか。

わかりやすいのは水島広子氏の記述です。

「母親的役割」の人がいない、あるいはいてもあまり気にかけてくれず、情緒的なやりとりがほとんどない環境で育った人。

出典元:水島広子『「毒親」の正体』

要するに、子どもは

「困った時に親から助けてもらえなかった」という経験をし続ける。

他人は助けてくれない」とか「どうせ上手くいかない」と諦めに近い感情を持つようになる。

他人と親密になれない」「他人に感情を打ち明けられない」ような人間になる。

というように、愛着理論では考えているようです。

一見もっともらしく聞こえますが、これらはただの憶測に過ぎません。

子どもは別に「から助けてもらえなかった」から「他人も助けてくれない」などの考え方はしません

人間はそんな単純な生き物ではないのです。

さらに、もう一つ重要な注意事項があるのですが、水島氏は「回避型はサイコパスやロリコンだ」という主張はしていません

「他人は助けてくれないと思うようになる→サイコパスになる」というのは岡田尊司氏ならではの鋭い指摘だというわけですね

しかし、多くの方が「鋭すぎてついていけない」と感じたのではないでしょうか。

4.克服法と治療法

克服した男性

「回避型の愛着スタイル」は岡田氏が本を売るために作り出した概念なのかと思うくらい、岡田氏はその特徴を面白おかしく記述しています。

しかし

「回避型の愛着スタイル」の克服法に関する記述も多いのは確かです。ただし、それらの克服法にも注意点が多いのも確かですが。

次回はそれらの克服法を注意点も含めて紹介していきましょう。

注意点も含めてと言うだけあって、当サイトでは「愛着障害のカウンセリング(治療法)」に対しては懐疑的です。

ちなみに岡田氏自身も、

愛着障害や不安定型愛着に対する治療というのは、今のところ未発達の分野である。

出典元:岡田尊司『愛着障害』

※不安定型愛着は「回避型、不安型、恐れ・回避型」愛着スタイルのこと。

と言っています。このことはカウンセリングで儲けたい系の専門家が語りたがらない事実でしょう。

逆に、多くのカウンセラーにとっては寝耳に水でしょう。

そもそも

岡田氏は「愛着障害の治療は未発達だ」と言っていますが、それは岡田氏が愛着障害の定義を拡大解釈させまくったからです。

「回避型なども広い意味での愛着障害だ」というのは岡田氏の解釈で「広い意味での愛着障害」は精神医学用語ではないのです。

※精神医学界による正しい愛着障害の定義については

以上です。ありがとうございました。

※「愛着障害」に関する全記事はこちら

愛着障害【全知識】
この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。