愛着アプローチは「対人関係療法」のパクリだった?


この記事をシェアする

岡田尊司氏は積極的な出版活動を展開しており、様々な主張を行っていますが、最近では「愛着アプローチ」なるものを提唱しているようです。

愛着アプローチはおそらく岡田氏のオリジナルなのですが、正直「対人関係療法」との違いが分かりません

岡田氏はもちろん対人関係療法を知っているはずなのですが、多くの読者の方は知らないと思うので、今回は

「愛着アプローチ」だけではなく「対人関係療法」の解説もしていきます。

※なお、「愛着」というのは愛着理論の用語です。よって

↑も併せて読むとより理解が深まると思います。

1.対人関係療法と親子問題

愛着理論は、現在の不幸や人間関係が上手くなっていないことの原因を幼児期の軽薄な親子関係に求めます。

よって、親への不満を言ってスッキリしたら全て解決みたいな考え方をします。「親子関係」が重要なキーワードなわけです。

一方、対人関係療法も親子関係の修繕にも使われます。

1-1.親のサポートも重要

例えば、親の不適切な行為によって精神的に病んでしまった子どもに対しては

面接時間の半分を子ども、残り半分の親の面接、という構造を取ることによって(治療の途中からは後半は親子そろっての面接)、子どもだけを支える治療よりも効果が上がる

出典元:水島広子『「毒親」の正体』

このように、子どもだけではなく親にも働きかけることによって、子どもの症状も治めるというのが対人関係療法的アプローチです。

子どもとの接し方がわからない親」に対してそれを教えることによって、親の不適切な行為を修正するわけです。

1-2.愛着理論=親を叩く

対して、「愛着理論に基づいたカウンセリング」では親を徹底的に叩くことが基本方針です。

傷つけられた怒りや悲しみを、恨みつらみを込めて叩きつけるように語り続ける

出典元:岡田尊司『愛着障害』

具体的には

↑で示した方法でカウンセリングをするのですが、この方法のリスクや副作用について岡田氏は一切触れていません。しかも、

愛着障害や不安定型愛着に対する治療というのは、今のところ未発達の分野である。治療者も、それらをどう扱えばよいのかということについて、ごく一部の例外を除いて、認識も経験も乏しいのが現状である。

出典元:同上

この方法は効果が明確ではない上に、治療できる者もごく一部しかいないようです。

対する「対人関係療法」はマニュアル化されているため実践できる者も多く、効果があることも科学的に実証されています。

2.愛着アプローチとは

岡田氏は先ほど紹介した「今のところ未発達のカウンセリング方法」を発展させるのかと思いきや、違う方法を提案します。

それが「愛着アプローチ」です。

愛着アプローチは「愛着修復的アプローチ」と「愛着安定化アプローチ」に分かれるそうです。

2-1.愛着修復的アプローチ

愛着修復的アプローチは、その人にとって重要な他者との愛着を安定したものに回復させることを目指す方法である。

出典元:岡田尊司『愛着障害の克服』

この「重要な他者」はどこかで聞いたことのある言葉です。

対人関係療法は、「重要な他者」との「現在の」関係に焦点を当てて治療するものです。

出典元:水島広子『自分でできる対人関係療法』

このように、愛着修復的アプローチは対人関係療法に酷似しています。岡田氏は言及していませんが、おそらく対人関係療法を参考にしたのでしょう。

しかし愛着アプローチには、まだ「愛着安定化アプローチ」があります。

2-2.愛着安定化アプローチ

愛着安定化アプローチは、重要な他者との関係修復には必ずしもこだわらず、誰であれ、その人の身近にいる存在が、臨時の、あるいは半永久的な安全基地となることで、愛着の安定を図る方法である。 

出典元:岡田尊司『愛着障害の克服』

このように愛着安定化アプローチで「安全基地」つまり、愛着理論的なものが登場するのですが、

これは先ほどの「親を徹底的に叩くカウンセリング方法」と変わりません。よって、先ほどの批判が当てはまります。

そもそも、この手法が発展できないから「愛着アプローチ」を提唱したはずですから矛盾しています。

また

岡田氏が著作で効果があった実例として紹介しているのは「愛着修復的アプローチ」の方ばかりです。

※例えば

関連記事

準備中

↑のケースなど。

3.愛着アプローチの正体

よって、愛着アプローチで有用なのは「愛着修復的アプローチ」の方のみで、しかもこれの中身は対人関係療法です。

「愛着安定化アプローチ」の方の有効性はよくわかりません。おそらく「今のところ未発達」なのでしょう。

おそらく

「対人関係療法」のままだったら、自分の名前も著作も売れないので「愛着アプローチ」と名前を変えたのでしょう。

岡田氏の手法は「マインドフルネス」や「森田療法」や「発達障害」や「オキトシン」、さらには「偉人の生い立ち」など、

世間的に関心が高いものに「愛着理論」を無理やり結びつけて著作を売るというものです。

その過程で多くの親子関係が破綻させられたり、多くの普通の人が障害者認定されたりしてしまっていることも指摘しましょう

有名な「不安型」や「回避型」という考え方も、ほとんどがウソなので騙されないで下さい。

というわけで、今回は「愛着アプローチ」について紹介しましたが、

当サイトで愛着障害の克服法として推奨しているのは「対人関係療法」の方です。より詳しく知りたい方は

関連記事

準備中

↑をご覧ください。

以上です。ありがとうございました。
次の記事

前の記事

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。